MGのミニカー

外車の下取りは安いという話を聞きますが、本当に安いのでしょうか?
結論、外車といってもケースバイケースで、国産車に比べて常に安いわけではありません。

市場の需要が弱い車種は下取りが安くなりますが、需要が強い車種は安くなりません。

では、何が安くなりやすい要素なのか?
4つに分けて解説します。

スポンサードリンク

車の購入費用や維持費が高い

車の費用

ほとんどの家庭では、車は便利で低コストに使えるものが人気です。
国産車には、そういった優秀なファミリーカーがたくさんあります。
そのため、基本的に外車を選ぶ必要は無いわけです。

輸入車は、国産車に比べて、車の販売価格が高いです。
BMW・ベンツ・AUDI・フォルクスワーゲンなど、フェリーで車を輸送したり、日本の仕様に適合されるように作る必要があります。
それ以外にも、日本仕様は少し豪華な味付けがされています。
タイヤのサイズは大きく、本国のベーシックグレードよりも上のグレードしか輸入されていません。
日本のマーケットは、質素なヨーロッパとは違うのでしょう。
そのため、車の価格は高めになっています。

「かっこいいから」「オシャレだから」「上質だから」

外車を購入する人は、こういった実用性以外の部分に魅力を感じている人がターゲットになります。
高くてもお金を出す人ですね。

また、同じ車格の車でも、外車は国産車よりも修理費やメンテナンスにお金がかかります。
消耗品交換、パーツ交換などをディーラーでやってもらうと、1.5倍〜2倍くらいのコストがかかります。
同じような車で比べた場合、国産車の方がだいぶ安くなります。

ほとんどの輸入車は、部品を本国から輸入しています。
時間とコストをかけている分、メンテナンス代も高くなってしまいます。

維持費が安い国産車が買えるのに、高い外車を買うファミリーは少ないです。

すぐ売れる国産車に比べて、外車は販売期間が長くなってしまう可能性があります。
業者としては、すぐ売れる車の方が扱いやすいです。

サポート店舗が少ない

ディーラー

外車のディーラーは国産車よりも店舗が少ないです。
VWやベンツなど、ドイツ車のディーラーは比較的多いですが、アメ車やイタ車になるとだいぶ減り、それよりもっと少ないディーラーも多いです。
調子悪いからチェックしてもらおうと思っても、住んでいる近くにはないから不便。
こういうケースがあります。
都心はどこにでもありますが、地方の田舎になると、輸入車ディーラーはかなり少なくなります。

国産車の場合、店舗はかなりの数があります。
どこに住んでいても、比較的広い範囲をカバー出来ています。

スポンサードリンク

メーカーや車種によってはかなり安い

フェラーリ カリフォルニアT

販売と買取の差はメーカーによってかなり違います。
例えば、アウディやベンツなど、定番的な人気の車は、下取り価格が特に安いわけではありません。
フェラーリやランボルギーニも中古車市場が高いままですよね。

でも、アルファロメオやローバーなど、少し定番から外れたニッチな車種は下取りがかなり落ちます。
買って3年で半額になるケースがよくあります。

ただ、100台限定車など、需要が少ないけど、車の台数が少なすぎるものは、下取り査定が高くなる事もあります。

なぜこうなってしまうのか?

新車販売台数が多くても中古車はさほど売れない、「需要<供給」になっている車種は安くなってしまいます。
外車の場合、実用性以外の理由が無いと普通の人は買わないので、中古車市場で弱い車は下取りも弱くなります。

販売先を持っている業者かどうか

中古車ディーラー

車種に合った中古車販売店があるディーラーだと、高く下取りしてくれる可能性があります。
例えば、AUDIの中古車を販売している店舗がある場合、AUDIだと売りやすいですよね?
直接店頭で販売出来るので、オークションのような中間コストがかからず、直接顧客に販売が出来ます。
そうなると、下取り査定を高くする余裕が生まれます。

普通の業者の場合は、オークションで売却する価格が基準になりますので、どうしても安くなってしまいます。

ただ、どうしても1社にしか売却を依頼しない「下取り」だと安売りしてしまう可能性が高いです。
査定結果が数十万円違う事もありますので、もし高く売りたいなら、必ず複数の会社に査定を依頼してみてください。

まとめ

色々と国産車よりも不利な状況は多いですが、それでも外車だから極端に下取りが安いわけではありません。

高いから→買う人が少ないから→売れにくいから→下取りを安めに・・・
こんな流れになりやすいので、外車は下取りが安くなりやすいです。

ただ、外車といっても、日本以外の車なので、ピンキリです。
車種によって全然違うので、全部が安いわけではありません。

結論、需要が弱い車種の場合は安くなると覚えておけば大丈夫だと思います。