ディーラーに車を下取りに出す時、ガソリンの残量はどうしたらいいの?
空っぽでいいのか?満タンにした方がいいのか?
意外と多くの方が気にしています。
そんなガソリンの最適な残量について、結論とQ&Aをまとめました。

車を下取りに出す時に適正なガソリン残量とは?

ガソリンスタンドで給油している車

結論、ディーラーまで運転できる量のガソリンさえ入っていれば問題ありません。
ガス欠寸前のランプがついた状態だと不安がありますので、エンプティランプがつかない程度に残っていれば大丈夫です。

ちなみに、エンプティランプが点灯した状態だと、車によりますが、大体60キロ〜100キロくらい走る事が出来ます。
都心のように渋滞が多い場所だと、燃費が悪くなるので、半分程度で考えておくと安全です。

下取りに出した車は、その後長距離を走る事はほとんどありません。
古いガソリンが大量に残ったままになるのも良くないですし、ガソリン代がもったいないので、少量が望ましいです。

その車の燃費にもよりますが、5リッター〜10リッター程度入っていれば大丈夫です。

ガソリンの残量に関するQ&A

常識や礼儀として考えると、ガソリンは多めにしておくべき?

常識やマナーとして考えても、ガソリンを多めに入れる必要はありません。
ディーラーも中古車専門店も、ガソリンがたっぷりあってもメリットはありません。

下取りした車は、これから乗り回すわけではなく、売却するだけなので、ガソリンが多くてよかったと思える部分はありません。
直接ディーラーに聞いてみても、ガソリンの残量はどうでもいいみたいで、ランプがついていない程度なら十分といった感じでした。

ガソリンの残量が少ないと下取り価格は安くなる?

「ガソリンの残量が少ないと、車の下取り価格が下がってしまうのでは?」
こう考える方もいますが、全くそんな事はありません。

下取り査定は車体を評価しますので、何のオイルが入っていても、ガソリンがあっても無くても関係ありません。
ガソリンが少ないから査定額を低くするという査定士はいませんし、そんなチェック項目はありません。
ただ、多少の移動は考慮して、ガス欠ランプがつかないくらい入れておくと感謝されます。

ガソリンを満タンにして下取りに出すとガソリン代はもらえる?

ガソリン代は当然もらえません。
ガソリン代は決して安くはないですが、ガソリン代を下取り価格に上乗せするディーラーは1社も知りません。
基本的には車の査定なので、どんなに質が高いガソリンを入れていてもプラス査定にはなりません。
中古車ショップでも同様に、支払う業者は聞いたことがありません。

残ったガソリンを新車に移してもらえる?

「下取りに出す車にガソリンをたくさん入れてしまったから、新車に移し替えてほしい」
こんな風に思う事もあるかもしれません。
半分以上入っているなど、ガソリンが多い時は、ディーラーにお願いしてみるといいかもしれません。

ただ、ディーラーとしてはかなり手間がかかりますし、基本的なサービスではありません。
強気でお願い出来る内容ではありません。

基本的には、ガソリンはそのままがルールなので、なるべく最後は少なめになるように調節しましょう。

まとめ

ガソリンメーター

下取りが決まった後のガソリン代は、少量〜半分くらいをキープしておくといいでしょう。

新車の購入が決まって、ディーラーと契約を交わしたあと、納車までは下取りに出す車を普段通り使う事が出来ます。
あまり走行距離が伸びすぎると問題になるかもしれませんが、通常の使用は考慮してくれています。
そのため、日常生活に支障がないように、ある程度の量のガソリンを維持しておいたほうが安心です。

ガス欠になんてなるわけがないと思いますが、ガス欠になってしまう話は意外と多いです。

  • 路上でエンストを起こして保険会社のロードサービスを利用する方
  • ディーラーまで行く途中にガス欠になる方

ちょっと恥ずかしいですし、無駄な時間とお金がかかってしまいます。
保険に付帯しているロードサービスを利用しても、等級が下がる事はないですが、無駄なトラブルを避ける為にも、半分程度はガソリンを入れておいたほうがいいと思います。

最後の引き渡しの日がわかってから微調整をして、1メモリ以内に抑えていければベターかと思います。