自動車ディーラーで商談をしている

自動車の売却方法の1つとして、昔から多くの人が行なっているのがこの下取りです。
下取りというのは、新車の購入時に、今まで乗っていた車を買取してもらう事を言います。

今まで乗っていた車の価値を新車価格から値引きしてもらって、少ない頭金で新しい車を購入できますので、多くの人が好んで利用しています。
それに、古い車の処分や、名義変更など、色々な手続きを全部ディーラーに任せられるので、面倒な事は一切ありません。
非常に使い勝手がいいサービスになっています。

スポンサーリンク

ディーラーの下取り価格はどのようにして決まるのか

下取りに出した車は、ディーラーで預かり、査定が行われます。

どのような基準で、下取り価格が決まるのか?
「下取り価格表」というものを基準にして決まります。

残念ながらこの下取り価格表は、一般の人が見る事は出来ず、業者だけが目を通す事が可能です。
査定士はこれを見ながら、走行距離や年式や色など、たくさんの項目をチェックして査定します。

ディーラーの下取りが安い場合と高い場合の違いは何?

ディーラーは新車だけではなく、系列店舗で中古車を販売している場合があります。
販売している中古車は、同じメーカーで、高年式・低走行距離等、状態が良くて人気の車種が多いです。
こんな感じで、いい車は店頭に並べられて、一般顧客に直接販売出来ますので、下取りした車はその後に高く売る事が出来ます。
高く売れる分、下取り査定を高くする余裕が生まれます。

違うメーカーの車だったり、走行距離が6万キロを超えていたり、7年前の年式だったり、店頭に並べられない車は業者オークションに出品します。
業者オークションだと、業者に売るしかありませんので、どうしても安売りになってしまいます。
安く売る分、下取り査定を高くする事は難しいです。

中古車とはいっても、メーカー直営の店舗となると、世間からの信頼感は高いです。
色々な事情があるんだと思いますが、ガタついた車よりも、中古とは思えないくらいしっかりした車を販売して、イメージを崩したくないのではないかと思います。

そのため、下取りしたいと考えている車の基準は、結構高いです。
同じメーカー、年式が新しい、走行距離が少ない、傷や凹みがあまり無い、車内が清潔など、誰が見てもいい車の評価が高くなりがちです。
逆に、この基準に当てはまらなければ、下取り価格を高くしてもらうのは難しいでしょう。

スポンサーリンク

下取りってお得なの?

車を買う時、交渉をしてもなかなか値引きしてもらえない時があると思います。
そんな時に下取りできる車があれば、その分、購入価格から値引きしてもらう事が出来ますね。

結果的に少ない現金で車を買えるので、お得な気分を感じられると思います。
ただ、お得かどうかを考えると、そうでもない事が多いです。
ディーラーの下取りよりも、中古車販売店や買取専門店などの方が高値になるケースが多いからです。

ディーラーの下取りのメリット

ディーラーの下取りは手間がかからない

車を購入する時に、前の車の売却も同時に手続きしてくれるため、自分で車を売る時よりも手続きが大幅に減ります。
基本的に細かい事はディーラーがほとんど代行してくれますので、指示された書類を用意する程度で事が運びます。

新車が納車されるまでの間も車に乗れる

新しい車が納車されるまで、下取りする予定の車に乗る事が出来ます。
契約成立後、納車までに時間がかかる場合、車が無かったら不便ですよね?
今まで乗っていた車を納車まで乗ることが出来ますので、乗る車が無くて困る事はありません。

ディーラーの下取りのデメリット

ディーラーの下取り価格は相場より安い!?

デメリットは何と言っても下取り価格の安さにあります。
価格競争がなく、オークションを中心に売却しているディーラーの下取りは安いです。
特に、古い車、社外パーツが多い車、メーカーと違うメーカーの車などは、下取り査定が厳しくなります。
ディーラーで新車を購入する時、普通の流れで下取りする人は多いですが、ほとんどの場合は下取りが安いため、価格面のメリットはほとんどありません。

ディーラーに下取りを依頼すると下取車査定料がかかる!?

ディーラーの下取りには、下取車査定料や下取り車書類代行手数料がかかる場合があります。
初耳の人は多いですが、話は聞いていないけど見積もりに記載されていた、という話ばかりです。
ディーラーとしては当然と考えているんでしょうか?
費用としては、5000円~20,000円ほどかかるケースが多いようです。

ただ、ディーラーによって対応が違って、無料にしてくれるところもあるそうです。
これはディーラーというより営業マンによって対応が違うのだと思います。
そのため、下取りを依頼する前に、無料かどうか確認した方が良さそうです。

手放す車を安く引き取ってもらっても構わないけれど、面倒なのは嫌だ。
こんな場合は、下取りを利用した方がいいと思います。

中古車専門業者の買取がディーラーよりも高い2つの理由

ディーラーよりも売れやすい全国オークションに出品出来る

中古車専門業者に売却した場合は、全国の業者が参加出来るオークションに出品されます。
オークションというのは、落札希望者が多ければ多いほど高額となりやすいです。

落札希望者があまり多くない系列オークションにしか出品出来ない下取りでは、どうしても高く売れにくいです。

中古車業者はディーラーよりも中古車の販売力が強い

中古車専門で営業している業者は、中古車の販売力がディーラーよりも強いです。

例えば、もう動かない車やボロボロの車。
こういう車はディーラーにとっては価値が無く、下取り価格はほとんど0ですが、解体屋みたいな専門のところだと、パーツに価値があれば買取してくれます。

昔買ったR32スカイラインは、スカイライン専門店で買いました。
スカイラインの品揃えが豊富で、店員の知識もすごくて、パーツの状況やコンディションを細かく把握していました。
永く乗りたかったので、多少高くても車の状況が詳しくわかっているこのお店から買いたいなと思いました。
このお店では車が高くても売れるので、スカイラインの買取なら強気でくるでしょう。

他にも、オープンカーだったり、エコカーだったり、外車、旧車など、どのジャンルにも強い業者がいるので、どんな車でも下取りよりも高く売れる可能性が高いです。

スポンサーリンク