オデッセイ

オデッセィはホンダの人気ミニバンです。
昔から人気の車種ですが、最近ではどんどん質感がアップしていて、車内は快適なラウンジのようになっています。
ハイブリッド車もありますので、燃費がよくて車内が広く快適なので、今でも人気があります。

最近のものもデザインが綺麗で、昔からオヤジ臭くないところは若者にも好まれていました。
ホンダ好きでミニバンがほしければ第一候補になるのではないかと思います。

スポンサードリンク

オデッセィの買取価格情報

オデッセィ ~293.7万円

参考:カービュー オデッセイ買取相場

走行距離1万キロ~5万キロの場合の相場表です。

リアルなデータなので参考にはなりますが、中古車なので、データだけではわからない要素が査定の結果に表れています。
実際に査定をしてみると全然違う結果になる事もありますので、参考程度に見てみてください。

オデッセィの買取相場の傾向

  • 2016年式 220万円~255万円
  • 2015年式 151万円~229万円
  • 2014年式 146万円~229万円
  • 2013年式 134万円~215万円
  • 2012年式 102万円~178万円
  • 2011年式 61万円~140万円
  • 2010年式 52万円~110万円
  • 2009年式 44万円~93万円
  • 2008年式 20万円~64万円
  • 2007年式 13円~50万円
  • 2006年式 0万円~36万円

*主に、同一・同様と思われる型式による買取相場です。車のコンディションによっては、大幅に外れる場合があります。
*情報の更新が遅くなる場合はありますが、相場の傾向は大きく変わらないと考えています。

2016年〜2013年までは穏やかな下落ですが、型式が変わった2012年から大きめに買取価格が下がっています。
そこから結構早い下落スピードで、2009年までの3年間で60万円近く下落しています。
2008年にはまた型式が変わったので、大幅に下落しています。
そこから2006年までいくと底値という感じです。

買取相場を見ていると、型式が変わる2012年、2008年のタイミングが大きく下落しています。
ただ、前年には販売されていなかった高価格グレードが登場したタイミングなので、価格が大きく下落したように見えるのかもしれません。
それと、古い年式の買取価格の下がり方が激しいです。
5年落ちになる2011年くらいから古くなるほど、毎年かなりの速度で買取価格が下がっています。

オデッセィを売却するタイミングは、3年〜4年くらい乗ったタイミング、ニューモデルが出る前のタイミングなど、買取価格が大幅ダウンする前が考える時期として適していると思います。

スポンサードリンク

オデッセィの下取り価格の傾向と対策

オデッセィはグレードによる下取り価格の差が、古くなるほど開いていく感じがします。
新しい時はさほど差がなくても、古くなってくると、高いグレードと低いグレードには差がついてきます。
高いグレードはそれなりの価値を保ったままという感じになっています。
Liの下取り相場は高めです。

あと、オデッセィは、全く同じグレードでも、走行距離やコンディションの違いによって、下取り価格に大きな差があります。
オデッセィは過走行気味の車でも、下取り価格が高くなった例も多いので、他の車よりも状態を重視されている感じがします。
元々中古車市場でニーズがある車なので、大事に綺麗に乗られている車であれば、価値が維持出来ているようです。
そのため、走行距離が7万8万㎞とかさんでしまったから高く売れないだろうと決めつけないほうが良さそうです。

ただ、走行距離がかさんでいたり、年式が古い車は、ディーラーの下取りは若干不利です。
市場で当たり前のように高く売れる車ならいいのですが、ちょっとヤレていたりすると、下取り価格が弱気になりがちです。
市場の価格が安定していない車は、ディーラーも安定して売れないので、下取り査定はどうしても安くなってしまいます。

そんな時は、下取りではなく、中古車専門店へ売却した方が高値で売れるでしょう。

オデッセィは中古車専門業者も積極的

買取相場一覧にあるように、オデッセィは中古車市場の予想がしやすい車種です。
一応、年式以外にも走行距離やボディの傷など、値下がりする要素は多々ありますので、注意が必要です。

オデッセィはホンダの車では、ステップワゴンに次いで人気の車です。
ファミリーカーとして一家に一台あればとても便利な車ですよね。
パワーはあまり無いけど、排気量が小さくて、燃費も維持費もいい感じです。
7人乗りも8人乗りもありますので、1台あれば万能に使えてしまいます。

しっかりとしたニーズがありますので、中古車専門店にとってはかなり扱いやすい車種です。
国産車専門店、ミニバン専門店、ファミリーカー専門店など、どの業者でも取り扱いが出来るので、中古車業者同士の競争から、買取価格も高くなりやすい車種だと思います。