車の委託販売ってどうなの?

色々な車のイラスト

「色々な中古車買取店に車の査定をしてもらったけど、いまいち納得の金額ではないなあ・・」
「出来ればもっと高く売りたい。」

こういった場合は、委託販売や個人売買などの方法もあります。

下取りや中古車店の買取は、基本的に転売が前提の買取価格になっています。
安く買って高く売る、その差額が業者の収益になります。

この売却方法のメリットは即金性が高い事です。
業者が買い取ってくれるので、すぐにお金が手に入ります。
ただ、その分、業者は在庫リスクを抱えますので、ある程度の利幅が無いと買取しません。
そのため、上手に業者を探さないと、高い金額で売るのは難しくなります。

でも、委託販売や個人売買は、直接ほしい人に売るので、中間マージンがありません。
直接売買は有効ですが、それぞれメリットやデメリットがあります。

委託販売のメリットとデメリット

中古車販売店

■メリット

  • 高く売れる可能性がある

■デメリット

  • 売れるまで時間がかかるかもしれない

中古車買取店の中には、実店舗を持っていて、店舗で車を販売している業者がいます。
その場合、店舗にこちらの車を置いてもらって販売してもらう事ができます。
もし店頭に置いていた車が売れたら、売れた金額を受け取る事が出来ます。

店舗で清掃などのメンテナンスや売却の手続きを行なってくれますので、こちらの手間はかかりません。
ただ、その間は車に乗る事が出来ないので、そこは不便ですね。

費用ですが、店舗のスペースを借りるわけですし、メンテや手続きを代行してもらうので、その分の費用はある程度かかります。
こうした費用分を差し引いたとしても、希望の金額で売却出来れば、下取りや買取に比べて、車は高く売れる場合もあります。

でも、当然、いい事ばかりではありません。
店舗に置いてもらって販売していたとしても、すぐに売れるかどうかはわかりません。
1日なのか、1ヶ月なのか、半年なのか、1年なのか・・・
売れないとお金にはならないので、売れやすい車なのか、市場からズレた販売価格ではないか、戦略を立てる必要があります。
その店舗と自分の車のジャンルがあまりマッチしていない場合も売れにくくなります。

それに、時間がかかりすぎると、中古車市場の相場も下がっていくリスクがあります。
あの時売っておけばよかった、という事になりかねないので、短期で売却できそうな計画なら利用してもいいと思います。

個人売買のメリットとデメリット

車の売買が成立した人たち

■メリット

  • 高く売れる可能性がある
  • 委託販売よりもコストが抑えられる

■デメリット

  • 売れるまで時間がかかるかもしれない
  • 手続きなど自分でやる必要がある

個人売買は、委託販売以上に多くのお金が得られる可能性があります。
知り合いに売る、ほしい人を紹介してもらう、でもいいですが、一般的にはネットのオークションを利用します。

メリットは委託販売と同じで、中間マージンが無い分、高く売れる可能性があります。
費用も、オークションへの出品料程度なので、委託販売よりも諸費用を抑える事が出来ます。

ただ、個人売買も委託販売と同様に、車がいつ売れるかわからないリスクがあります。

「半年待って売れなかったので、面倒になって、結局業者に買取してもらった。」
「でも査定してもらったら、半年前よりも買取価格が安くなっていた・・」

こういう事は起こりがちなので、こちらも計画を立ててやる必要がありますね。

あとは、名義変更などの諸手続きは自分たちでやる必要がありますし、引き渡しやお金のやり取りなど、ある程度自己責任でやらないとなりません。
車の場合は、ただ売って終わりではないので、取引相手によっては楽だったり、面倒だったり、そういう部分もあります。

まとめ

委託販売や個人売買で車を売るのはやはりハードルが上がります。
いつ売れるのかわからないので、売れないまま時間が過ぎてしまうと、愛車の価値が変わっている可能性があります。
維持費だけ払って乗ることが出来ないので、短期勝負が出来るならアリだと思います。

でも、中古車専門店が相手でも、上手に進められてば、委託販売に負けない価格で車を売る事は可能です。