トラブルでボンネットが焼けてしまった車

新車を購入する時、車の下取りはディーラーで行います。
ディーラーは自動車メーカーと正式契約を結んでいるなど、しっかりとした運営をしている会社が多いです。
目立ったトラブルが起きる事はさほどありませんが、無いわけではありません。

中古車を購入する時は、中古車販売店の下取りになりますが、会社によって対応が大きく違い、色々とトラブルにあってしまう方もいます。

では、どんなトラブルがあるのか?どう対応したらいいのか?どうしたら防げるのか?
一般的にありがちなトラブルについてまとめます。

スポンサーリンク

下取り査定時に見つからなかった傷があったので下取り価格を下げます

新車の価格、下取り価格、値引きなど、車の取引内容が決まったのに、後から傷を発見して査定を減額された・・・
こういったパターンに合う事はたまにあります。
まともな営業をしているような販売店であればありえない対応ですが、現実には存在します。

通常は、契約が成立した時点で下取り価格も確定になりますので、後から変更される事はありません。
査定時には気がつかなかった大きな傷を後から発見した場合でも、基本的には実車をチェックして査定額を出した業者のミスです。
減額の要求をされたとしても、こちらが合わせる必要はありません。

ただ、最初からわかっている不具合や故障などは、販売店に必ず伝えます。
隠しておいて後から重大な故障やトラブルなどが起きると、色々と面倒な事になるかもしれません。
気持ちよく取引を終えるためにも、最初から知っている情報はしっかり伝えてから車を査定してもらった方がいいと思います。

車の下取り価格が決まった数日後に車をぶつけてしまった

車の下取り価格が確定して契約後に事故を起こしてしまったケースです。
これは結構耳にします。
事故の内容によりますが、ちょっとしたかすり傷なら減額なし、大きな凹みや傷の場合は減額される事が多いです。

下取り価格は、査定した時の車のコンディションが維持されている事が前提になります。
多少は走行距離が増えても問題ありませんが、車の価値に関わる傷や故障だと、減額や再査定になる事もあります。
販売店としても、下取りした車は必ずどこかに販売しますので、予定通りの車で引き取れなければ損失になってしまいます。
先方に非は無いため、ある程度はこちらが譲歩しなければなりません。

ただ、多額の修理費を請求されたり、過剰な減額を要求してきた場合は、交渉するようにします。
それほどあるケースではありませんが、業者によってはあまりよくないところもあります。
こちらに非はあっても全て言いなりになる必要はありませんので、正当な交渉はした方がいいと思います。
話にならないくらい対応が悪い業者の場合は、「自動車公正取引協議会」に電話で相談する事が出来ます。

スポンサーリンク

付属品が不足しているので下取り価格を下げます

下取りの時に装備していた社外品のパーツは取り外してもいい話だったので、そのパーツはヤフオクで売ってしまった。
でも、後からそのパーツが不足しているため、パーツを用意するかその分下取り価格を減額しますいう話。
販売店とこちらの話が食い違う、起こりやすいトラブルです。
一人の担当とやり取りをしていると起こりにくいですが、社内で複数人が対応してくれた場合に起こりやすくなります。

この問題が解決するかどうかは契約書の内容によって変わるかもしれません。
契約書にパーツも含めた下取り価格だと書かれていたら従うしかありませんし、何も書かれていなければ記憶が頼りになります。

とりあえず、お互いに正しいと言っても話が進みませんので、査定の時に対応してもらった担当者と話し合いをするようにします。
当時の会話のやり取りやシーンなど、なるべく詳しく思い出せるように話します。
そうすると、真実にたどり着きやすいと思います。

日本はしっかりしている会社は多い方ですが、それでも任せっきりにしているとトラブルになりやすいです。
下取りの内容については、その時に会話や内容などをメモしながら話をすると、後からトラブルになりにくいです。

下取り査定が終わった後、車に乗っていると異音が鳴るようになった

査定が終わった後でも、新しい車が納車されるまで、今までの車に乗る事が出来ます。
日常生活で利用している時、エンジンから異音がしたり、水温が上がりやすいなど、新しいトラブルが発生する事があります。
こんな時はどうしたらいいのか?

査定の時には無かった問題が発生した場合、販売店に必ず連絡をするようにします。
下取り査定の時には起こらなかったトラブルのため、状況次第では再査定が必要になります。
再査定で安くなると嫌だな・・・と思われがちですが、そこは仕方ありません。

車屋にとっては、下取りする車にお金を払うわけですから、車の価値が変わってしまうと下取り価格が変わるのは当然です。
車を引き渡した後に起こったトラブルは車屋が対応すべきですが、車を引き渡す前はこちらが対応すべき問題です。
車の下取りは正当な取引になりますので、お互いフェアにやっていった方が、今後の付き合いも上手く行きやすくなります。

そうはいっても、ディーラーはお客様として接してきますので、ある程度優しい内容で提案してくると思います。

車の下取りのトラブルを回避するためには

下取りの時には色々とトラブルにあう事はありますが、事前にある程度回避する事も出来ます。
トラブルの原因に多い下記の2点を押さえる事で、困った問題は起こりにくくなります。

しっかりとしたディーラー・販売店を選ぶ

きちんとした対応と約束が出来るディーラーや販売店を選ぶ事が重要です。

まともな営業をしている販売店なら、契約した後に契約内容を変えてくるような事はありません。
契約内容が社内で誤って伝わる事はありませんし、こちらにその責任を追求してくる事もありません。

多くのトラブルは、やり取りが不透明で、話が後から変わってしまう事にあります。
まともな販売店で車を購入すると、トラブルになる可能性は大きく下がります。

契約内容をしっかり確認する

契約内容をきちんと確認しない、こちら側に問題があるケースが多いです。
もちろん、業者が悪い事もありますので、上記のように誠実な販売店を選ぶ必要はあります。

契約書に記載されている事は法的な効力がありますので、きちんと読み、分からない部分は確認するようにします。
そうはいっても、契約書の文章は、回りくどく、理解するのが難しい内容である事も多いです。
その場合は、「契約後に下取り価格が減額される事はありますか?」と聞いておくといいと思います。
まともな会社であれば、きちんと丁寧に説明してくれます。

契約後に、あの時はこうだったと言っても、なかなか通用しません。
契約前に内容をしっかりチェックしておくと、ほとんどトラブルにはなりません。

契約内容の注意点

「契約後でも車のキズや凹みが新たに見つかったら、契約内容を変更する」
こういう契約書になっている業者もいました。

詳しく聞いてみると、「下取りの価格は◯◯円ですが、傷や凹みなどを追加で発見した場合は下取り価格を変更する事があります」と言っていました。
この内容だと、後からどうとでも下取り価格を変更する事が出来ますので、こちら側にとって不利な条件です。
後から傷を発見したと言われても、最初からあったのか、後から出来た傷なのか、真実はわかりませんので、契約したくない内容です。

スポンサーリンク