ヴィッツGR

ヴィッツは累計200万台を達成し、まだまだ進化し続けています。
車はコンパクトなのに、車内は見た目以上に広く、ファミリーで使ってもなんとかなる懐の広さがあります。
車重が軽くてボディも小さいので、ドライブしても楽しめる車です。
初代からこのコンセプトが変わっていないところはすごくいいなと思います。

スポンサーリンク

ヴィッツの買取価格情報

ヴィッツ ~181.4万円

参考:カービュー ヴィッツ買取相場

走行距離1万キロ~5万キロの場合の相場表です。
リアルなデータなので参考にはなりますが、中古車なので、データだけではわからない要素が査定の結果に表れています。
実際に査定をしてみると全然違う結果になる事もありますので、参考程度に見てみてください。

ヴィッツの買取相場の傾向

  • 2016年式 91万円~126万円
  • 2015年式 71万円~100万円
  • 2014年式 65万円~92万円
  • 2013年式 56万円~79万円
  • 2012年式 32万円~45万円
  • 2011年式 28万円~39万円
  • 2010年式 16万円~22万円
  • 2009年式 11万円~16万円
  • 2008年式 6万円~9万円
  • 2006年式 2万円~3万円

*グレードはFの買取相場ですが、他のグレードでも買取相場の推移は似たような感じになります。
*何年落ちから買取価格が大きく変わったなど、年式よりも相場の節目を意識して見ると、いつの時でも役立てやすいデータになっています。

買取価格にあまり大きな波は見当たりません。
モデルチェンジのタイミングとか関係なく、年式が古くなると買取価格が綺麗に下落しています。
下落のスピードはなかなか早いように思います。

詳しく内容を見ていくと、5年落ち位までは、かなり走行距離が重視されます。
3年落ちで30,000㎞位なら、一覧の範囲に収まる感じです。
1年での走行距離が10,000㎞を超えると、一覧よりも安くなってしまう可能性が高くなります。
逆に、年間5,000㎞程度で抑えているなど、低走行車であれば相場の上限、もしくはそれ以上の金額を狙える事もあります。

8年ほどで数万円の価格まで落ちてしまうのは、市場にある台数が多いからでしょうか。
新車の販売は好調なので、古くなる前に乗り換えて、古い車はあまり気味なのかもしれません。

スポンサーリンク

ヴィッツの下取り価格の傾向と対策

ヴィッツは、おおよそ5年おきにフルモデルチェンジを繰り返しています。
かれこれ10年以上のロングセラー車種となりました。
もう人気は定番化しており、今後も今の状態が続くのではないかと思います。

維持費やボディサイズを考えても、今後ニーズが強いタイプの車です。
もの凄く高く売れる車ではないものの、安定してそれなりの金額で売れる車。
ヴィッツはそういうポジションに居続けるのではないかと予想しています。

ディーラーの下取りについてですが、カラーや年式、走行距離によって大きく変わります。
ヴィッツで最も下取り評価が高めのボディーカラーは、黒・白・シルバーのベーシックなカラーです。
ただ、レッドやブルーなどの鮮やか系カラーも人気が高まっていますので、ベーシックカラーと遜色ない下取り価格を期待出来ます。

走行距離は先ほどのとおり、年間1万キロ程度までが有利な傾向です。
でも、ヴィッツは小型ファミリーカーのスタンダードなので、走行距離が多い傾向にあります。
3万キロまでなら悪くないと思いますが、過走行気味の車は、ディーラーの下取りには不利です。

年式は、5年以内など、比較的新しいものが好まれます。
ディーラーは基本的に新車販売がメインなので、系列店に中古車販売店があったとしても、綺麗な車を取り扱っています。
古くてボロい車は店頭では売れにくいので、下取り査定は渋めです。

ヴィッツは、新しくて走行距離が少ないもの以外は、中古車販売店の買取が強いです。