セレナ

セレナは平成29年省エネ大賞を受賞しました。
最大8人乗りで、車内の空間はとても広く、車体はそこそこ大きいのに燃費がいい車です。
これだけ便利な車なのに価格はリーズナブルなため、デビュー以来ずっと人気が途絶えません。
ファミリーカーを探す方にとって、必ず候補に入ってくる車だと思います。

スポンサードリンク

セレナの買取価格情報

セレナ ~272万円

参考:カービュー セレナ買取相場

走行距離1万キロ~5万キロの場合の相場表です。
リアルなデータなので参考にはなりますが、中古車なので、データだけではわからない要素が査定の結果に表れています。
実際に査定をしてみると全然違う結果になる事もありますので、参考程度に見てみてください。

セレナの買取相場の傾向

  • 2016年式 193万円~228万円
  • 2015年式 177万円~212万円
  • 2014年式 107万円~142万円
  • 2013年式 92万円~127万円
  • 2012年式 83万円~117万円
  • 2011年式 62万円~87万円
  • 2010年式 38万円~54万円
  • 2009年式 36万円~51万円
  • 2008年式 32万円~45万円
  • 2007年式 17万円~25万円
  • 2006年式 11万円~15万円

*グレードは20Sの買取相場ですが、他のグレードでも買取相場の推移は似たような感じになります。
*何年落ちから買取価格が大きく変わったなど、年式よりも相場の節目を意識して見ると、いつの時でも役立てやすいデータになっています。

2016年、2015年式は高いですが、2014年で大幅に下落しています。
そこから穏やかに下がりつつ、2010年に大きく下がっています。
毎年の下落は10%程度あるように思います。

大きく下落するタイミングはモデルチェンジの関係です。
セレナは新しいモデルが人気のため、旧モデルになると買取価格が下落する傾向にあります。
ただ、10年落ちの昔のモデルでも、30万円近い値が付くこともありますので、古い年式でもそれなりに需要があります。
中古車市場の台数は多い車種のため、コンディションの良し悪しが重要になってくると思います。

エアロモード、ハイブリッドシリーズは、グレード問わず非常に人気があります。
20S、G、Xなども、中古車市場のニーズは高いです。

スポンサードリンク

セレナの下取り価格の傾向と対策

セレナは、相場から外れた査定額になる事が多い車種です。

例えば、2009年式のハイウェイスターVセレクション、走行距離が10,000㎞以下という決して条件が悪くはないものが、下取りだと10万円弱にしかならなかった事があります。
そうかと思えば、セレナでは最も安いグレード、20Sの2008年式、走行距離が30,000㎞以上が、100万円以上で売れた事もあります。
なぜここまで差が出るのかわかりませんが、査定をするディーラーによる差が大きいのかもしれません。

ディーラーの下取りの場合、新しいか古いかで価格が全然違う事があります。
人気車種だとしても、走行距離が多い車種や、年式が古いものは、ディーラーにとって下取りしやすい車ではありません。
誰でもいいと思う車でなかった場合は、中古車専門店の買取査定の方が柔軟に高く買取してくれる業者は探しやすいです。

2010年に4代目が登場してから人気も安定していますので、あまり弱気な下取り相場にはなりにくい車種だと思います。
ただし、セレナは人気車種の競合が多いMクラスミニバンです。
ライバル車種のフルモデルチェンジや登場の影響で、下取り価格相場が変動するといった事も考えられそうです。

スポンサードリンク