情報を見て悩む男性

日本の自動車メーカーは中古車買取も行っています。
中古車市場を狙ったサービスではありますが、新車購入の促進にもなるのだと思います。
ウェブサイト上から査定の申し込みが出来るようになっていますので、誰にでも利用はしやすいかと思います。

そんなメーカーの中古車買取サービスはどんなものがあるのか、実際には高く買取してもらえるのか、この点をまとめます。

スポンサーリンク

自動車メーカー系列の中古車買取サービス

T-UP

トヨタの中古車買取サービスです。
自動車税未経過相当額やリサイクル預託金相当額の分を査定にプラスしてもらえます。
出張査定はしていませんが、トヨタの店舗は数が多いため、査定は受けやすいと思います。
どのメーカーの車種でも扱っています。

カウゾー

日産自動車が運営しているサービスです。
買取した車は、店舗で直接販売するため、高額買取を実現しているそうです。
ネット上から申し込み、来店か出張で査定してもらう事が出来ます。
メーカーは他社でも外車でも対応しています。

ホンダオートテラス

ホンダの認定中古車ディーラーが運営しているサービスです。
買取した車は、全国のホンダ店舗で販売しているため、買取価格が高いのだそうです。
無事に車が売れるとお知らせが届くようです。
サイト上のマンガを見ると、査定は店舗で行うようです。

CAUU

マツダが100%出資しているマツダ中販株式会社が運営しているサービスです。
あまり詳しい内容は掲載されていませんが、査定出来る場所は3箇所になるかもしれません。
広島県広島市、千葉県千葉市、大阪府枚方市に会社があり、査定の際は問い合わせが必要です。

MCnet

三菱自動車公式の中古車情報サイトです。
店舗に申込み、査定の予約をしてから訪問します。
車を売却した後は、指定日に銀行振込で代金を受け取れます。

SUGCAU

スバル直営の中古車買取サービスです。
店舗直販とSUGCAUサイト販売によって、余計なコストを抑えて買取価格に反映しているそうです。
日本自動車査定協会の中古車査定資格を持った査定士が車の価値を評価します。

U’s STATION Mobility

スズキ公式の中古車検索サイトです。
サイトではたくさんのスズキの軽自動車が販売されています。
スズキ以外のメーカーでも幅広く買取に対応しています。

U-CATCH

ダイハツ公式の買取サイトです。
ダイハツの店舗で査定してもらい、買取した車は店舗で販売されます。
査定は無料で、コンディション問わず査定してもらえるそうです。

まとめ)各社に共通している特徴

  • 車の査定は無料
  • 自社系列の店舗で販売するため中間マージンが無い
  • 日本自動車査定協会の中古車査定士資格を持った査定士が評価する
  • インターネットで申し込みをし、店舗で査定・手続きをする

ホームページを見ても、各社のアピールしている内容はほぼ同じで、サービス内容の違いは特に感じませんでした。

スポンサーリンク

自動車メーカーの系列店は査定が高い?

メーカー系列の買取店の場合、自社の店舗販売がメインになります。
違うメーカーの車種も買取出来るとありますが、ホームページを見ると、自社メーカーの車だけ目立っています。
この内容だと他社メーカーの車を売るのはなかなか難しいと思います。

また、メーカー系列の中古車販売店で人気の車は、認定中古車基準の車です。
認定中古車とは、厳しいチェック項目を全てクリアした車に対して、メーカーが優良だと判断した車です。
メーカー直営の販売店に買いに来る人は、コンディションが良く、メーカー保証がある車を狙っているからです。

そうなると、他社メーカーの車や、コンディションがいまいちの車は、メーカーの中古車店では売れにくいのではないかと感じてしまいます。
売れにくいとなると、それに合わせた買取価格になるでしょう。
その点から考えると、下記のようにメーカーが好むような中古車であれば査定が期待できるのかもしれません。

■メーカーと車が一致している場合

トヨタ車ならT-up、日産車ならカウゾーなど、同じメーカーの買取サービスであれば、ホームページで積極的なアピールがありますので、売れやすくなると思います。
店舗でも目立つところに展示されやすくなるでしょう。

購入者の視点からも、トヨタの販売店でトヨタ車を買う安心感がありますから、やはり同一メーカーのメリットはあると思います。
もし他社のメーカーだった場合は、トヨタ車がほしくて来店する顧客が多い中、どうしても不利な状況になります。
高く買取すると聞いていても、通常の中古車販売店と比べて特別な強みは見当たりません。

■厳しい基準をクリアできそうな車

年式が比較的新しくて、走行距離が少なめ、ボディや内装が綺麗である事、メンテナンスがしっかりされてきた車は、高く買取してもらえる可能性が高いです。
認定中古車の基準を満たせる品質であれば、店舗でも売りやすいでしょう。

逆に、古い車やコンディションが良くない車は、メーカーの店舗では売れにくいと思います。
メーカーの中古車店舗に来るお客さんは、新車より安くて、中古車だけど保証やアフターサポートを重視している傾向があります。
古い車やコンディションが良くない車の場合は、店頭では売れにくいでしょう。
売れにくい車は、それに応じた買取価格になります。

結局はメーカーの中古車買取はどうなの?

B22結論、同じメーカーで、新しくて、コンディションがいい車の場合は、高めの査定が出るかもしれません。
それと、安心のメーカー系で取引をしたい方にも向いているでしょう。

ただ、そこまで状態がいい車であれば、どこの中古車業者でも高く買取してくれますし、コンディションが悪い車でも、中古車業者の中には高く買取しているところもあります。
あえてメーカー系の会社に依頼するメリットはあまり思い当たりません。

色々な業者に査定をしてもらって感じるのは、万能な業者はいないという事です。
どの業者も、その時の相場や経営状況によって、買取価格を調整しています。
必ず一番高く買ってくれる業者は存在しないわけです。

そのため、メーカー系列の買取を利用してもいいと思いますが、他社ともきっちりと比較した方が、安売りのリスクは無くなると思います。