ベンツのステアリング中央のマーク

メルセデスベンツは世界的な自動車メーカーで、日本でも飛び抜けて人気が高いメーカーです。
いつかはベンツに乗りたい、そう思う方も多いですよね。

ベンツは安全性、質感、剛性感、デザインなど、どれを取っても隙がありません。
運転していても気持ちがよく、とてもスムーズで乗り心地はいいのに、少しスポーティーに走ってもスムーズに安定しています。
全てを持ち合わせているため、世界中で人気なのだと思います。

コンパクトなAクラス、ミドルクラスのCや、スペシャルなSクラスなど、どういう人でも自分に合った車が見つかるくらい、バリエーションがとても多いメーカーです。

スポンサードリンク

ベンツの中古車は人気?

メルセデスベンツの新車は当然売れていますが、中古車も人気があります。
「新車だと高いけど、安くなった中古車なら手が出せる」という人にとって、ベンツを手に入れるチャンスですし、とても綺麗に乗られてきた車を割安に買う事も出来ますので、満足度は高いと思います。

また、ドイツ車は基本構造がしっかりしているため、消耗品さえ交換していれば長く乗れます。
年式が少し古かったとしても、きちんとメンテして乗られてきたのであれば、今後も長く乗れるでしょう。
ベンツではありませんが、私が昔乗っていたフォルクスワーゲンのゴルフも、15年経ってもまだまだ現役でいられる感じでした。
そのため、新しい年式から古い年式まで、価格さえ合えば幅広いニーズがあります。

ベンツは台数が多い分、ある程度相場も安定しています。
予算から自分が買えそうな年式や走行距離など、自分に合ったベンツを探しやすいところも魅力的です。

スポンサードリンク

ベンツの下取りってどうなの?

メルセデスベンツのディーラーへ下取りに出したけど、思ったほど高くない・・・
こういう話はよく耳にします。
他社メーカーに比べて多いため、あまり下取り価格には力を入れていないのかもしれません。

ディーラーは基本的に中古車売買をメインにしていません。
新車を販売するために下取りをしているため、下取りした車はなるべく簡単に現金化する方法を選びます。
簡単に現金になるという事は、そんなに高く売れるわけがないため、下取り価格は控え目になる事が多いわけです。

それにベンツの場合、ディーラーによって大きく対応が違います。
輸入車ディーラーに多いのですが、外見はベンツディーラーでも、運営している会社はほとんどが別々です。
ベンツ以外のメーカーも一緒に販売しているディーラーもありますし、中古車販売店も同時に運営している会社もあります。
そのため、ベンツディーラーは下取りが安いと一括りに出来ませんので、基本的にはディーラーの対応などから判断する事になります。

それでもやはり、新車をメインにしているディーラーに対して高額な下取りを期待するのは間違えているように思います。
ディーラーにとって中古車売買はメインではありませんので、中古車を高く売るのは困難です。
下取りした車を業者相場で捌けるように、ある程度安めの価格で下取りしておかないと赤字になってしまうからです。

下取りは高く売るためのサービスはなく、前の車の手続きや対応は全てディーラーがやってくれる便利サービスなのだと思います。
あまり高くは売れなくても、引き取った車の価値分が値引きされて新車を買えますので、こちらの手間はほとんどかかりません。
どうしても高く売りたいなら中古車専門店に査定してもらう方がいいと思います。

ベンツの買取は中古車専門店が積極的

ベンツは中古車市場の売れ行きが良く、市場価格も安定しているため、買取業者に人気があります。
一般的に業者は買取した車を店頭に並べて顧客に直接販売しています。
店頭で厳しい車種の場合でも、輸出などの色々な販路で高く売れるように工夫しています。
その分、買取価格を高くする余裕が生まれます。

「A」「B」「C」クラスなどは、実用性が高く小型のため、ファミリーカーとして需要があります。
少しだけ価格帯は高いですが、安全なボディと高い利便性、ステータスなど、ベンツの強みがあります。
そのため、一般の中古車販売店の店舗に並べても売れるため、どの業者でも買い取りに対してはポジティブです。

「SL」「S」「CLS」クラスになると、スペシャリティーカーになりますので、乗り手を選ぶようになります。
高級で大型のボディ、維持費や価格は高く、一般の家庭だとなかなか選べません。
ファミリーカーの隣に並べてもなかなか売れませんので、輸入車専門業者やベンツ専門業者など、扱う業者は少し限られてきます。

ただ、輸入車やベンツ専門の業者だからといって、必ず高く買取してくれるわけではありません。
結局、査定価格は相場どおりとは限らず、業者が決めるものになりますので、実際に査定をしてみないと本当のところはわかりません。
そのため、安売りを回避するためには、色々な中古車業者に査定してもらって比較する事が重要です。