車を下取りに出す時に、カーナビの取り扱いで悩む事がありますよね。
査定への影響、純正に戻すべきか、中のデータはどうしたらいいか、考えると色々出てきます。
下取りを有利に進めるために、カーナビに関する答えをまとめていきます。

社外のカーナビをつけているけど、純正に戻したほうが下取りに有利?

社外品のカーナビ
車を下取りする時、カーナビの評価は微々たるものです
あくまで、車の評価を重視しているので、年式や走行距離などを重視しています。
下取りした車をオークションに出す事が前提なので、オークションに影響が無ければ、良いものも、悪いものも、アクセサリー系はほとんど影響がありません。

どんなにいいナビがついていてもプラスにはなりにくいので、取り外してヤフオクなどで売ってしまったほうがお得だと思います。

車のオプションパーツは、あった方がいいと言われますけど、それは中古車買取店の場合です。
ディーラーの下取り査定に影響あるかと言えば、ほとんど無いのが実感です。

カーナビが故障してしまった場合も同様で、修理せず、そのまま下取りに出したほうがいいです。

ただ、新しい車の場合、純正カーナビは色々なシステムと繋がっている場合もあります。
車のメンテナンス情報が記録されていたり、ブレーキやオイルなどのデータを記録したりチェックする機能もセットになっています。
その場合は、故障していると問題なので、修理しなくてはなりません。
その分、下取り価格からは差し引かれる可能性が高いです。

カーナビは単体で売却したほうがお得

取り外したカーナビ
カーナビは買うと結構高いです。
最先端のものだと20万円近くしますし、10万円台のものも多いです。

カーパーツ市場では、カーナビという製品自体には価値がありますし、中古でも欲しいという方がたくさんいます。
中古のパーツショップではなかなか高い価格で売られているので、買う人がいるのでしょう。
そういったショップへの売却でもいいですが、ヤフオクやラクマなどに出すとより高く売れると思います。
DVDナビでも、物によっては2万円以上で売れる事もありますし、HDDなら5万円以上つく事もあります。
下取りだとほぼ0、中古車ショップでも1万円とか、せいぜいそのくらいです。

個人売買が一番お金のリターンが大きくなるでしょう。

カーナビが自分で外せない方は?

カーナビが自分で外せない方は多いと思います。
自分でやってしまう人の方が少ないかもしれませんね・・・

その場合は、カーショップや修理工場に頼めば外してくれます。
ただ、業者にやってもらうと工賃がかかります。
相場は1万円〜2万円くらいかかるでしょうね。
そのため、自分で外せない方は、オートバックスセコハン市場みたいな、中古パーツを扱うショップに売却すると便利です。
車を持ち込んで、パーツを外してもらうだけなので、自分でやる事は何もありません。
ヤフオクで売るよりはリターンは少ないですが、下取りで無にするよりはいいと思います。

番外編:ディーラーに外してもらう

下取りをお願いした場合、ディーラーや買取業者がタダでカーナビを外してくれる場合もあります。
もしやってもらえたなら、車本体だけを下取りしてもらい、ナビだけは返してもらいます。
交渉の中に、カーナビを外してもらう話も入れてしまう、こういった交渉も有効ですね。
契約前に一度話をしてみるといいのではないでしょうか。
取り外しをしてもらったら、ヤフオクやラクマなどで売ってしまいましょう。

カーナビのデータは自分で消しておく

カーナビの走行データ
カーナビを長年使っていると、目的地のお気に入りや、走行データがたくさん残ります。
そのデータを他人に見られるのが嫌な方は、自分でデータを初期化しておいてください。

ディーラーは消してくれる場合は多いですが、消し忘れがあるかもしれません。
特に社外製のカーナビの場合、きちんと操作してもらえるかはわかりません。
消し忘れに不安が残るくらいなら、自分で消してしまったほうが安心です。

売る時も、車に設置されている段階で削除しておいた方がいいですね。

まとめ

カーナビやETCなどのオプション装備は外して、別のルートで売却する方がお得です。
今までの経験上、外さない方がお金になった事は一度もありません。

そして自分で外す事。
難しい場合は、契約前に業者に外してもらえるように交渉をする事。
それが難しい場合は、カーショップ等に持ち込んで売却。

こういう感じでやっていけばいいと思います。
カーナビは中古相場も結構高いので、一手間かける価値はあると思います。