BMWのエンジン

BMWは1シリーズ〜8シリーズまで分かれています。
それぞれユーザー層が違いますし、車の価格帯も住み分けされています。
BMWの買取は安いという話があるようですが、それはショップによって違うだけで、そんな事はありません。
シリーズごとの買取相場を人気順に詳しく解説していきます。

※このページの買取相場データは、色々な買取業者のデータを調査して、大雑把にまとめています

スポンサードリンク

No1 BMW3シリーズセダン

BMW3シリーズセダン

スポーティーなスタイルと実用性を持ったセダンで、クセはなく、サイズは日本でジャストサイズと言われています。
3シリーズは、昔からBMWの主力として力を入れてきた車種です。
走行性能が高くて、そこそこラグジュアリーな広さがある室内、セダンとしては並外れた安全性能の高さなど、スポーティーセダンではトップクラスの実力です。
私も乗っていますが、次も3シリーズに乗りたいくらい、日常でも便利に使えて、スポーツ走行も楽しく、魅力にあふれています。
クセが無いので、国産車に慣れた人でもBMWはすごく扱いやすいと思います。
最近はハイブリッドシステムが導入された車種もあって、高いクオリティを維持しながら燃費が向上して排気ガスも抑えています。

日本は国産車の出来がいいので、通常なら国産車で不満は無いはずです。
でも、3シリーズは国産のように便利なのに、しっかりした個性と所有する嬉しさが残る車です。

適度なサイズ、ブランドステイタス、走りの性能、コストパフォーマンスのバランスが非常に優れている3シリーズが人気なのは当然かと思います。

買取相場情報

  • 12年落ち 325i_RHD 80,001~85,000km 60万円
  • 4年落ち 325i_RHD(AT_3.0) 20,001~25,000km 200万円
  • 9年落ち 320i_RHD(AT_2.0) 80,001~85,000km 50万円
  • 11年落ち 320i_RHD(AT_2.0) 35,001~40,000km 28万円
  • 3年落ち 320i_RHD(AT_2.0) 10,001~15,000km 468万円

3シリーズの新車価格帯は、400万円台〜800万円くらいです。
買取相場は、毎年のおだやかなに値下がりしていく感じで、それなりの年数を乗っていても、適正な査定額で買い取ってもらえる事が多いです。
F30と呼ばれる今のモデルから基本的にターボ化して、パワーが増して燃費が向上したので、これからは古いモデルより今のモデルの方が人気が出るかもしれません。

グレードによりますが、7、8年落ち位までなら、100万円以上で売れる事もあります。

中古車市場の評価と傾向

3シリーズは、中古車市場の台数がかなり多いですが、どの年代でもボディはしっかりしているし、普通に走る事が出来ます。
古くても、しっかり感が損なわれない車作りはドイツ車ならではですね。

国産ファミリーカーやレクサスとも競合する車種で、さらに価格帯が高めなので、中古車専門業者としても取り扱いをしたい車です。
市場のニーズは高いので、在庫を抱えることなく、売り切る事が出来るでしょう。
そのため、査定に力を入れてくる業者はたくさんいますので、価格競争により、高額査定は狙っていけると思います。

No2 BMW3シリーズツーリング

BMW3シリーズツーリング

3シリーズのツーリングワゴンモデルです。
セダンと同じサイズ感なのに、トランクスペースが多かったり、さらに実用性が高いモデルです。
日常使うなら、このモデルが一番便利かもしれません。
デメリットはほとんど無く、スポーツ性能が少し劣るくらいです。
人気はセダンより若干劣りますが、それでも中古車市場ではかなり人気があります。

買取相場情報

  • 8年落ち 335i ツーリング_RHD(AT_3.0) 150,001~km 58万円
  • 5年落ち 325iツーリングワゴン 30,001~35,000km 250万円
  • 5年落ち 320ツーリングMスポーツ 25,001~30,000km 245万円
  • 7年落ち 325iツーリング Mスポーツ 20,001~25,000km 130万円
  • 8年落ち 318 ツーリング 55,001~60,000km 35万円

3シリーズツーリングの新車価格帯は、400万円〜800万円くらいです。
セダンと同様に、ある程度安定した買取価格です。
5年落ちくらいまでは買取価格が高く、その後の下がり方も緩やかです。
走行距離が少ない車は高く売れるかもしれません。

中古車市場の評価と傾向

3シリーズツーリングは、セダンに比べると市場の台数が少ないです。
市場の台数が少ない分、コンディションがいい車は重宝されやすいでしょう。
それに、便利なコンセプトとセダンの乗り心地を併せ持っているので人気は高いです。
中古車専門店としては販売がしやすい車なので、買取には積極的です。

スポンサードリンク

No3 BMW5シリーズセダン

BMW5シリーズセダン

BMWの基本、高い走行性能を持ちながら、居住空間の広さと質感が3シリーズよりだいぶ高いモデルです。
座席がとても広く、後席もゆったりと乗る事が出来て、ラグジュアリー感がより高くなっています。
新車価格が600万~1000万円弱と、それなりに高い価格帯ですが、かなりの台数が売れています。
2010年式の535iが570万円で買取された例もあるくらい、5シリーズも人気の車種です。

買取相場情報

  • 13年落ち 525i_ツーリング(AT_2.5) 130,001~140,000km 1.8万円
  • 10年落ち 525i_RHD(AT_2.5) 110,001~120,000km 45万円
  • 9年落ち 525i_RHD(AT_2.5) 40,001~45,000km 80万円
  • 3年落ち 535i_LHD(AT_3.0) 5,001~10,000km 300万円
  • 10年落ち 525i 2.5Mスポーツ 左/右ハンドル 45,001~50,000km 40万円

5シリーズセダンの新車価格帯は、600万円〜1000万円です。
3年落ちで走行距離が少ない車でも結構下がっています。
3シリーズより下落率は高い感じです。
10年や10万キロを超えてくると、3シリーズの相場とあまり変わりません。
新しいうちは高く売れますが、古くなる、走行距離が伸びてくると、下落のスピードが速くなる印象です。
ただ、2010年〜のF型モデルはターボ化されていて、燃費もパワーもアップしていますので、旧モデルより人気はありそうです。

中古車市場の評価と傾向

5シリーズセダンは市場のニーズはありますが、出回っている台数も多いです。
とてもクオリティが高い高級車ですが、中古車市場だとすこし供給が強いように感じます。
そのため、中古車専門店の買取価格は3シリーズより弱めになっている感じです。
それでも、人気があるシリーズですし、売りやすい車ではあるので、買取に積極的な業者は多いでしょう。
年数や走行距離の劣化に弱いので、早めの売却がいいのかもしれません。

No4 BMWX1

BMW X1

広い居住空間、パワフルな走行性能、程よいサイズ感で取り扱いやすいのに、そこそこリーズナブルな価格。
SUVの中ではトップの人気です。
最近はこういう車が人気ありますが、日本の駐車場事情を考えるとX1が適正サイズなのかもしれません。
次いで人気なのは、同じくSUVモデルのX5です。

買取相場情報

  • 5年落ち xドライブ 20i_RHD_4WD(AT_2.0) 10,001~15,000km 185万円
  • 2年落ち xドライブ 28i xライン_RHD_4WD(AT_2.0) 10,001~15,000km 230万円
  • 2年落ち sドライブ 18i_RHD(AT_2.0) 10,001~15,000km 206万円
  • 3年落ち sドライブ20i xライン_RHD(AT_2.0) 5,001~10,000km 270万円
  • 4年落ち xドライブ 20i Mスポーツ_RHD_4WD(AT_2.0) 55,001~60,000km 130万円

BMWX1の新車価格帯は400万円〜600万円です。
2010年に生まれたモデルなので情報は少ないですが、それにしても高い買取価格です。
セダンよりも安定して高いですね。
同じモデルなので、年式による差はあまりなく、走行距離がそのまま買取価格に反映されている感じです。

中古車市場の評価と傾向

中古車相場は高めで、ニーズがあるグレードなので、中古車専門店も積極的です。
こういった小型のSUVタイプは人気がありますし、この車は市場の台数もそれほど多くありません。
需要に対して供給が少なめなので、今のところ高値で推移しそうです。
コンパクトで車内が広く、1台で全てこなせるコンセプトは、ファミリーに受け入れられている感じがします。
そのため、中古車専門店にとっても売りやすい車種です。

No5 BMW1シリーズ

bmw1シリーズ

BMWのエントリーモデル1シリーズは、コンパクトなボディにFR駆動、実用性もあって、人気があります。
新車価格が317万円~と外車としては廉価で手に入りやすいという事もあって、日本の普及台数もかなり多いです。

ファミリー層やクルマ好きにもニーズがありますので、どの業者でも喜んで査定してくれる車種です。

買取相場情報

  • 2年落ち 116i Mスポーツ_RHD(AT_1.6) ~5,000km 140万円
  • 4年落ち 116i Mスポーツ_RHD(AT_1.6) 10,001~15,000km 150万円
  • 4年落ち 130i Mスポーツ 右ハンドル 20,001~25,000km 220万円
  • 9年落ち 120i_RHD(AT_2.0) 85,001~90,000km 27万円
  • 5年落ち 120i_RHD(AT_2.0) 20,001~25,000km 70万円

1シリーズの新車価格帯は、300万円〜600万円です。
他の車種に比べて、買取価格が下がりにくいように感じます。
5年以上経過した中古車でも、新車価格から考えて半額くらいで売却出来ている感じです。
相場を見ていると、6年以内に売却する台数が多く感じます。
長く乗るというより、乗り替えていく方が多いのかもしれません。

国産の人気車種と値下がりのパターンが似ていて、モデルチェンジのタイミングで大きく下がります。
コンパクトファミリーカーとしての特徴が相場に表れています。

中古車市場の評価と傾向

通常、国産車の買取販売をメインにしている中古車専門業者だと、外車の査定は得意ではありません。
でも、この車種はファミリーカーとして普通に通用するくらい流動性が高くて、価格帯もそれなりに高めなので、どの業者にも人気があります。
汎用性が高く、安定感も高いので、フォルクスワーゲンのような需要があるシリーズです。
中古車を取り扱う、あらゆる業者がターゲットになるので、価格競争が働きやすく、いつでも高額査定は期待出来ると思います。

スポンサードリンク