軽自動車の走行距離が査定に与える影響

車

走行距離が多すぎる状態・・・すなわち過走行(多走行)の軽自動車は、業者の買取査定額にマイナスの影響を与えます。

とはいえ、走行距離がどのくらい査定に影響を与えるかというのは、車種によっても変わりますし、業者の査定基準によっても異なります。
ですのであくまで多くの車種に共通する、走行距離の目安についてまとめます。

年間の走行距離の目安

1年間で10,000㎞が標準です。

例えば、走行距離20,000㎞の中古車があったとします。
トータルの走行距離だけ見ると、低走行ですよね?
でも、新車購入からまだ1年しか経過していなかったら、過走行車という事になります。
短期間の内にかなり車に負担をかけている=故障の可能性が高まっている という事で、査定額にマイナスの影響を与える事があります。
ただ、地方の場合は、走行距離は多めになりますが、信号が少なくて、ストップ&ゴーが少ないので、車の負担が少ないです。

環境によって目安も変わります。

トータルの走行距離の目安

50,000㎞の走行距離を記録したら、過走行車気味とみられるようになります。
70,000~100,000㎞ぐらいになってくると、軽自動車の場合は文句なしに過走行車扱いです。

普通車に比べて耐久性は劣りますので、走行距離は査定と密接に関係しています。

軽自動車の走行距離が多かった場合の査定の例

人気車種、年式が新しい、ボディ・室内の状態も良好、と高額査定になりそうな要素が揃っていても、過走行という条件が加わる事で査定額が大幅ダウンする事もあります。

◯スズキ アルトラパン X 4WD
 2010年式 走行距離60,000㎞
 →査定額 38万円

◯ダイハツ タント L
 2009年式 走行距離50,000㎞
 →査定額 45万円

◯スズキ ワゴンR FX CVT
 2012年式 走行距離40,000㎞
 →査定額 50万円

いずれも同車種・同年式・同グレードの標準的な中古車に比べて、20〜30万円程度、査定が低くなってます。

軽自動車の走行距離が過走行でも高額査定は狙える?

男性愛車が過走行だからといって、売れない車なのかというとそういうわけでもありません。

たしかに、走行距離が少ない方がプラス査定である事は事実ですが、過走行でも高く買い取ってくれる業者はいます。
軽自動車は中古車市場で人気が高いので、走行距離が多くても、他の良い部分を評価してくれる業者はいます。
業者によって、いい車の基準がそれぞれ違いますからね。

上手に業者を探す事が出来れば、2004年式の走行距離約100,000㎞のワゴンRが50万円以上になった例や、2007年式で走行距離約80,000㎞のムーブが40万円以上で売れた例もあります。

低走行に抑えれば良いというものではなく、逆に年数経過と走行距離が合っていない(乗らなすぎている)車も逆に問題がある事もあります。

数多くの業者に査定してもらうと、走行距離が多かったとしても、必ず高い査定を出してくる業者にヒットします。

↓軽自動車を最高値で売るテクニックと詳しい手順は↓
↓こちらのページにまとめてあります。↓

>どんな時期でも車を一番高く売る<
>究極の一括見積もりサービス活用法はこちら<