下取りや買取する時にローンが残っていても大丈夫?

車のローンを考える男性

ケースバイケースではありますが、基本的には可能です。

ローンがあるという事は、車の所有権はローン会社という事になります。
ローン会社が所有している車を勝手に売ってもいいのか?

ここは色々な方法がありますので、ローンが残っている事をディーラーや販売店に事前に相談して、ベターな方法を選んでください。

主に4つの選択肢があります。

*改造費用(パーツ代や工賃など)のローンの場合は、所有権が絡まないので問題ありません。車体本体のローンに関する情報をまとめます。

①下取りや買取の前に現在払っているローンを完済する

これが一番スムーズな方法です。

下取りを考えているという事は、今ある車を手放して新たな車の購入を検討中という事になりますよね?
そのため、ある程度の資金があるはずです。
可能であれば、古い車のローンを完済してしまいましょう。
そうすると、車の所有者はローン会社でなく自分になります。
自分の車ならば、どう扱おうと問題ありません。

ただ、ローンを完済した事で、新しい車の購入資金がだいぶ少なくなってしまうかもしれませんね。
その場合は、新しい車を購入する時にローンを利用します。。
以前あったローンを完済して借り入れが無くなりますので、新しい車のローンもまた組みやすくなります。

所有権を自分に移してから車を売却するので、これが一番シンプルな方法です。

②現在払っているローンの残債を販売店に立て替えてもらう

下取りの場合、今までの残債を販売店に立て替えてもらって精算し、その金額を新しい車に上乗せして車を購入します。
こんな方法でやってくれる販売店があります。
今まで払っていたローンは完済して、販売店側で新しいローンに一本化されますので、今後の管理がしやすいですね。
ただ、業者にやってもらう事が増えますので、ある程度手数料はかかるかもしれません。
1つの方法として聞いておいて、他の方法があれば、そちらと比較してから決めたほうがいいと思います。

③ローンの残債を下取り価格から差し引いてもらう

まず、今乗っている車の査定をしてもらいます。
査定額が出たら、今まで組んでいたローンの残債から下取り価格を差し引きます。
下取り査定の価格がローン残債より高ければそのまま値引きになって、ローン残債より安ければ新しく買う車の販売価格に上乗せされます。
こういったやり方もシンプルで、今後の支払い管理がしやすい方法です。

④今までのローン+新しい車のローンを両方支払っていく

2つのローンを同時に支払う方法もあります。
今まで乗っていた車のローンはそのままにして、新しい車を別のローンで購入します。

結果的には他の方法と支払う総額は同じですが、二重のローンなので、毎月の支払いは結構きつくなるかもしれません。
しばらく2つのローンを払っていくので厳しいかもしれませんが、1つのローンが終わると支払いが楽になります。
最初がきつくて、後半は楽になるパターンです。

この場合、今まで乗っていた車の所有者が自分ではなく、ローン会社である事がほとんどです。
ローンの支払いが終わっていないうちは、車の所有者はローン会社にあります。
他人の車を勝手に売ってしまうような形になるので、問題になるかもしれません。
実践する時は、ローン会社に確認をした方がいいと思います。

権利関係が絡みますし、支払いも複雑になるので、あまりおすすめできる方法ではないです。

金銭的にはどの方法が一番お得?

お金を稼ぐ方法が違う男性と女性

一番お得なのは、現金で払うお金が多いものです。
ローンには金利がかかりますので、なるべく借り入れの額は少ないほうがいいです。
払えるものは払ってしまって、なるべく少ない金額で、低い金利でローンを組む。
これが一番負担が少なくなります。

上記の方法の中だと、この順番に支払が少なくて済みます。

  • ①現在払っているローンを完済する
  • ④今までのローン+新しい車のローンを両方支払っていく
  • ③ローンの残債を下取り価格から差し引いてもらう
  • ②現在払っているローンの残債を販売店に立て替えてもらう

ケースバイケースなところもありますが、大体こんな結果になります。

①は現金を最大限使ってローンを組む金額を抑えるので、金利負担が一番すくなくなります。
④は今まで組んでいたローンが先に終わるので、その分金利の負担が少なくて済みます。
③と④はローンの残債は新車の価格に上乗せされますので、全体的にローンを組む金額が増えます。

何を重視するかによりますが、金銭的な負担を減らすためには、なるべく少ない金額のローンで済ませて、なるべく低い金利でローンを組むようにする事が大事です。

※参考記事