古いボルボ

もうこの車は10年落ちになったから、下取りは厳しいだろうな・・・
無料でもいいから引き取ってくれないかな・・・

こう考える方は多いですが、10年落ちくらいの車ならまだ売れる可能性は高いです。

スポンサーリンク

10年落ちの車を下取りに出したらどうなる?

実際に下取りに出したとしても、おまけ程度の下取り価格を出してくれるのが精一杯で、実際には無料に近い引き取りになる事は多いです。
おまけ程度でも喜ぶ方は多いため、ディーラーも無理して高い下取り査定を出す必要は無いわけです。

下取りの場合、年式が古くなるほど評価は低くなりますので、古い車はあまり得意ではありません。
中古車販売は本業ではありませんので、本業の中古車業者のように高く売るのは難しいです。
そのため、ある程度無難な下取り価格にしないと赤字になるリスクがあるわけです。

新車の買い替えをしてきた方は、「10年落ちの車じゃもう売れないし廃車にしよう・・・」って思う人はすごく多いです。
中古車の価値を低く見ている方は多いため、売れないだろうと諦めがちです。
でも、そう考えるのはまだ早すぎます。

実際に中古車ショップを見てみると、10年落ちの車はたくさん販売されています。
新車価格が100万円~150万円位の車の10年落ちでも、30〜40万円で売られている事はよくあります。
なぜその価格で売られているのか?
もちろん売れるからです。

中古車を本業としている中古車ショップであれば、10年落ちの車でも売れる可能性は高いです。

スポンサーリンク

中古車業者は10年落ちの車でも嫌がらない

10年落ちの車は下取りではなく、中古車専門業者への売却を考えたほうが得策です。
有名な業者だと、アップルやガリバー、他にも中古車買取をしている業者は無数にいます。

中古車業者は買取した車を直接顧客に販売しています。
ショップの店頭に並べて販売したり、車を探してほしいと注文の依頼をもらっているため、効率よく中古車を販売しています。
顧客にダイレクト販売している分、業者オークションのような余分な中間コストが発生しません。
ディーラーの下取りは業者オークションで販売する事も多いため、利益はあまり残りません。

それぞれ独自の販売先を持っているところが、中古車業者の強みです。
そのため、利益がしっかり残る分、10年落ちの車でも買取してもらえる可能性は高くなります。

10年落ちの車の買取事例
  • アルファード(走行距離10万km)・・・51万円
  • ワゴンR(走行距離5万km)・・・26万円
  • フィット(走行距離8万km)・・・25万円
  • プリウス(走行距離5.5万km)・・・56万円

*全て10年落ちの中古車の売却額です。

思った以上に高いなと思いませんか?
車種が人気だったり、コンディションが良い車の買取価格は高い傾向にありましたが、普通の車でも売れています。
今の車は基本構造がしっかりしていますので、10年で乗れなくなる車はほとんど無いと思います。

10年落ちの車を実際に売るためには?

10年落ちの中古車でも売れるのは珍しくありません。
私自身、古い車が好きなので、10年以上前の車を買う事がほとんどです。
そのため、もちろん売る時には15年落ちくらいになっています。

それでも、中古車業者が査定をして、0円、5万円など、安い価格で車を売った事はありません。
毎回10万円以上で売れています。(軽自動車ではありません)

ここには色々と理由があります。

業者の中には下取り同様、0円だったり二束三文にしかならない価格を提示してくるところもたくさんありました。
大手の業者はオークション相場に合わせてなのか、あまり個性を重視せずに査定が比較的安めでしたし、扱うジャンルがあまり合わない業者もいました。
中古車といっても、スポーツカー、旧車、外車、軽自動車、ファミリーカーなど、色々なジャンルがありますので、業者によって査定額が大幅にバラつきます。

そのため、1社や2社に査定してもらうのでは全然足りないと思います。
自分の車を評価してくれる業者に当たるためには、5〜10社くらいの見積もりが必要になります。

でも、実際に10社も業者に連絡して、査定の依頼をしていくのはとても大変なので、私はインターネットの一括査定を利用しています。
このサービスを使うと、一度の申し込みで、たくさんの業者に査定してもらえますので、こちらから業者を探さなくても、興味を持った業者の方からアプローチをしてくれます。

一括見積もりを利用して車を売った時の体験は下記のページにあります。