車の乗り換えを行う時、古い車を処分する方法は2つあります。

  • 車をディーラーに下取りしてもらう
  • 車を中古車販売店に買取してもらう

この2つの方法、似てるように感じますが、コンセプトには大きな違いがあります。
それぞれメリットやデメリットがありますので、自分に合った方法を利用してみてください。

車の買取と下取りの比較

Kaitori1通常、現在乗っている車を業者に売る事を「買取」、新しい車を買うために、現在乗っている車を業者に引き取ってもらう事を「下取り」といいます。
買取と下取りでは仕組みが違うので、それぞれの特徴を比較してまとめます。

下取りの特徴

  • 手放した車の代金は新車価格の値引きに充てられる
  • 車を購入する店にしか下取りは出せない
  • 下取りする車屋が得意としない車種だと下取り査定は低くなりがち
  • 購入と売却を同時に行えるので手続きの手間が減る

■メリット
各種手続きはディーラーに任せっきりなので、手間が全くかからない。
代車を手配してもらえるので、車が使えない不便さがない。
■デメリット
ディーラーの下取り価格はマニュアル査定なので、中古車専門業者の買取価格よりも安くなるケースがほとんど。

買取の特徴

  • 手放した車の代金は現金で受け取る(または振り込み)
  • インターネットを使って複数の業者に査定の依頼が出来る
  • どんな車でも取引を希望する業者がいる

■メリット
下取りよりも高く売れる可能性が高い。
■デメリット
車を売却するためのやり取りは少し増える。

下取りと買取 どちらがオススメなのか?

この車をおすすめ

目的によってオススメの手段が分かれます。
お得なのは「買取」、面倒なのは嫌だという方は「下取り」を選ぶのがいいでしょう。

中古車は車種、年式、コンディションが様々です。
中古車を買う人はそれぞれ、ワゴンを求めていたり、新しめの車だったり、軽自動車など、個々に違う目的を持っていますので、それに合わせて中古車屋もそれぞれ得意分野が違います。
取り扱いが得意な車種だと、中古車ショップも強気の買取価格を出してきますので、高く売れる可能性が大きくなります。

下取りの場合、相場を知らない人がほとんど利用しています。
車を持ち込んで、思った以上の下取り価格になると、そのままOKしてしまう人がほとんどです。
ライバルの業者がいないため、ほとんどが言い値で決まってしまうので、あまりお得ではありません。
さらに、ディーラーの好みに合わない車の場合は、査定がだいぶ低くなります。

そのかわり、下取りを選ぶと、車屋に全ての手続きを任せるだけなので、手間がかかりません。

  • ある程度下取り価格に満足した
  • 多少安くても、楽な方がいい

こんな方は、下取りが向いています。

[一括見積もり体験]11社を比較して車を売却した結果こうなった

下取りと買取の価格はなぜ違うのか?

ベストかベターかどっち?

下取りと買取は似ているように感じますが、ビジネスモデルが全く違います。
目的が違うため、買取価格に差が出ています。

ディーラーは下取りではなく新車の販売がメイン

下取りは、新しい車を購入をサポートするためのサービス
古い車を引き取って、新車の購入価格から値引きして、新車購入を促進

下取りはサービスの一環なので、下取りした車で利益を伸ばそうとは考えていません。
特に売却に力を入れていないので、赤字にならない程度で、古い車を引き取っています。

下取りした車の価格をそのまま値引きしているため、お客さんとしては車を買う費用が減るため、買いやすく感じます。
そのため、多くの人が下取りを利用して車を買い替えしています。

でも、車の下取りよりも、車の買取を選んでいる人は年々増えてきています。
それはなぜか・・・?
ほとんどの場合、下取り価格よりも買取価格の方が高いという事が知られてきたからです。

ディーラーは、新車を販売する事がメインの事業です。
新車を販売する事で利益が出て、その車のメンテナンスをしていく事で、継続的な収入源になります。
下取りした車を現金化出来れば、それ以上は求めていません。

そのため、下取りに高額査定を求めても、なかなか難しい部分があります。

中古車業者は中古車の買取販売がメイン

中古車を専門に扱っていて、買取した車を販売する事で利益をあげている
買取した車は、なるべく高く売れる販路で捌いている

買取した車は、「店舗販売」「バックオーダー」「輸出」「オークション」など、色々な販路で売却しています。
中古車専門店は、なるべく高く売るために、その時の最適な販路を使い分けています。
いつでも高い市場を選択して売却出来るため、買取価格は下取りよりも高くなる事がほとんどです。

あと、中古車業界はライバルがとても多いです。
中古車業者は無数に存在するので、周りはライバルだらけで、いつも業者と競い合って仕入れをしています。
ライバルがいない下取りだと言い値でも契約出来ますが、競争が多い買取だと、他社よりも高値を出さないと負けてしまいます。
買取価格が高い理由として、価格競争がある事も大きなポイントです。

ただ、車を売却しなければならないため、下取りよりも1日分くらいの手間は増えます。

買取は下取りと比較してどのくらい手間がかかる?

コストパフォーマンス

下取りを選ばずに車を売る場合、売る・買うを別々に行う必要があります。
車を売る事が増える分、下取りよりも時間を取られる事になります。
ただ、実際のところ、手間と費用対効果を考えると、多くの人はやったほうがお得だと思います。

複数の中古車業者の査定に使う時間は、1日あれば十分です。
希望日に合わせて、色々な中古車専門業者に出張査定をしてもらう事が出来ます。
5社〜10社くらいに見てもらっても、1日あれば余裕があります。

お互いの中古車業者は競争になるので、買取価格は意外なほど高値がつく事も多いです。
1日努力して数万円〜数十万円お得になる事もあるので、やらないのはもったいないと思います。
必要書類も、買取と下取りは同じような感じなので、「査定してもらう時間=手間」という感じで考えてもいいでしょう。

参照:[一括見積もり体験]11社を比較して車を売却した結果こうなった