国産車の旧車は人気がある?

ブルーバードの旧車

高く売れる旧車というと、どうしても輸入車が有名です。
特に欧州系ブランドの旧車は、かなりの高価買取です。
フェラーリとかランボルギーニの旧車はものすごく高いです。

アメ車や国産車の旧車買取価格は、それに比べると買取相場がやや低いです。
とはいっても、車種や年式、その中古車の状態などによって買取価格は大きく左右されますので、いい車は高値で取引されています。

最近のニュースですと、R32スカイラインGT-Rがアメリカで高値で売れたニュースがありましたね?
例えばこんな記事→http://car-me.jp/articles/3214(外部サイト)

アメリカでは排ガス規制や安全基準が厳しくなりましたが、25年以上の車歴がある車は、規制の対象外になるみたいです。
元々人気があった、R32スカイラインGT-Rが25年経過してきたので、人気に火がついた感じです。

相場は急上昇・・
中古車なのに500万円以上とかで取引されたりするそうです。

私もR32のスカイラインに乗っていましたが、素晴らしく良かったですね。
あんなに運転しやすくて、乗っていて面白い車はなかなか無いです。

こんな感じで、車種によっては国内だけでなく、海外でも人気があります。
国産の旧車だからといって、人気がないわけではありません。

高く売れる国産車の旧車はズバリどれ?

3台のレトロカー

高く売れやすい旧車の年式というと、主に40年代~60年代になります。
年代的に、そこまで沢山の車種が存在していた訳ではありませんし、年々台数は減っていきます。
人気の車は古くなっても価格が下がりません。

旧車の相場価格が高い車種は下記になります。
「コロナ、クラウン、センチュリー、カローラ、MR2、ソアラ、セリカ、スープラ、カリーナ、クレスタ、マークⅡ、パブリカ」

ただ、この条件が揃えば高く売れるとは限りません。
どのように管理されてきた車なのか、コンディションはとても重要です。
走行距離が多すぎたり不明だったり、ボディや内部の状態がすごく悪かった場合は、売却する業者などによっては、安くなってしまう事もあります。

逆に、40年代~60年代より新しい年式の旧車であったり、上に挙げた車種以外でも高く売れる事はよくあります。
そのため、自分の車に合った業者に査定してもらう事が鍵になってきます。