違法改造車って何?

違法改造車

違法改造車とは、保安基準に適合しない改造をしている車です。

  • ヘッドライトを青くしている
  • 前照灯が点滅している
  • フロントガラスやフロントサイドにスモークフィルムを貼っている
  • 車体に突起物をつけている
  • ウインカーの点灯が早過ぎたり遅すぎる
  • マフラーを外したり穴をあけたりする
  • 鋭い突起物があるホイール
  • 車体からはみ出たリアウィングなどのパーツ
  • タイヤを車体の外側へ出しすぎている

このあたりの不正改造車はよく見かけます。

上記に該当する車は基本的に車検は通りませんし、危険だと思われるほどの改造をしていた場合は、警察に止められる事もあります。

道路運送車両法というものがあって、これに違反すると、6ヶ月以下の懲役か、30万円以下の罰金になるようです。

参照:wikipedia(道路運送車両法)

車検に通らない改造車は買取してもらえるのか?

車は売れるのか?イラスト

車検に通らない車は、基本的にディーラーの下取りはNGです。
一般的な中古車買取業者にも断られる事もあります。

でも、車の改造の内容や、車のコンディションが良かった場合は、買取してもらえる事が多いです。

中古車専門業者は、基本的に何でも出来る業者が多いです。
少し車検に通らないパーツがあっても、中古の純正パーツに交換してから車を販売する事も出来ますし、改造車としてそのまま販売されるケースもあります。

例えば、私が昔買ったR32のスカイラインは、触媒が無かった車です。
触媒が無ければ車検に通りませんが、買取した時のまま販売されていた車でした。
車検の時に、その事を初めて知って、保安基準適合の触媒に交換しました。
この店はスカイラインの専門店でしたが、車検を気にしていないショップもあります。

ディーラーの下取りのように、決まったオペレーションしか出来ない業者は無理ですが、中古車専門店の場合は柔軟に対応しているショップも意外とあります。

ただ、「そのままでは売れないと思われる改造」の場合は、パーツを取り外したり、適正化する手間がかかりますので、その分査定から差し引かれる可能性があります。

結局。違法改造車は売れるの?

違法改造車を売る

車検の条件を満たしていたほうがもちろんいいですが、満たしていなくても、車を売却する事は可能です。
違法かどうかというより、車体に価値があるかどうかが重要になります。
市場としてはニーズがあれば、柔軟な中古車ショップが買取してくれます。

車検に通らない改造車でも、使われているパーツに価値があれば問題なく売れますし、買う人も必ずいます。
スポーツカーは、排気系で違法な車は多いですし、ホイールが少しはみ出ている車もたくさんあります。
それでも、中古車ショップの店頭に並んでいますので、買取してもらえている車は多いと思います。

「パーツの価値+車そのものの価値」

この2つが、しっかりとした価値を持っていれば、違法改造車だったとしても、問題なく売却できるでしょう。

ただ、パーツの種類は多すぎますし、どの車にどのパーツが適しているのか、マニアでもない普通の中古車業者にはわからないところもあります。
改造車の査定をあまりした経験が無い業者だと、その価値が解らず査定額が安くなってしまう事もあります。

そのため、改造車の場合は、業者選びがとても重要になります。

(参照:改造車を高く売るための業者選びのポイント