Z4からタントへ乗り替え

26歳、商社、独身です。
最近Z4からタントに車を乗り替えました。
(BMW、Z4、アルピンホワイト、sドライブ35i Mスポーツ、平成25年式、48000km、評価点で4点程度)

スポンサーリンク

中古車販売店でタントの新古車を購入

近くの中古車販売店を利用して車を購入しました。
展示車両は至って多くはないですが、軽自動車がメインで置かれていました。
店内でパソコンで掲載している在庫車両を見せて頂きましたが、台数は非常に多かったと思います。
具体的には1万台以上は全車種であったかと思います。
商談テーブルが何個かあり、卓上にMacのパソコンがあってそれを観ながら商談を行うようになっていました。

新しく購入した車は、ダイハツ、タント、パールホワイト、660 カスタム RS トップエディション SAIII、200万、平成30年式でいわゆる新古車です。
車を買い替えるとランニングコストが安くなる点が一番の理由です。

経済的な負担が大幅に減るので乗り替える事に

やはりデザイン性や走りはBMWで申し分なく満足しておりましたが、駐車場然り、燃費や自動車税、車検と言った出る金額のところを踏まえると、経済的に乗り換えた方が賢明だと思い立ち、乗り換えに至りました。
軽自動車にした理由は、私自身が車に乗る使用頻度が減ってきた事や遠出したりすることも多くないので街乗り程度で乗れれば差し支えないのかなという理由でそうしました。

車の選定基準としては、維持しやすくて何年後かに乗り換えを検討した時にも買取金額として残るような車両を第一に考え、NBOXなんかと条件の比較をしながら決めました。
資産価値という点で考慮していくとタントが無難なのかなと考えました。
意思決定に関しても全て自分一人で決定しました。

支払い方法は自動車ローンを利用しました。
ローン残金に関しては相殺して頂けたのでローンを組み替えたりする方もいるみたいですが、そういう事はなく契約する事が出来ました。
ローンにしたのは手元からあまりお金を出したくなかったのでそうしました。

車を購入する旨は事前に家族に伝えましたが、特に反対意見はなく、自由にしたら良いと言われたので特に弊害はなかったです。
住まいが離れているからかもしれません。

スポンサーリンク

車の値引き交渉は控え目に10万円程度

車の購入にあたって、諸経費を10万くらい安くして頂きました。
整備費用と名義変更の車庫証明を出したりする代行費用の部分を削ってもらいました。
正直、下取りのところで非常に良心的な価格を出して頂けたので購入する車の価格に関しては、あまり交渉しなかったです。

下取り価格は330万程度の査定金額がつきました。
正直、思惑としては残債がなんとかなればという希望でいましたが、それを上回る結果でした。
一応、事前準備としてはウェブであいみつのサイトから相場がどのくらいなのかというのは確認していて、調べると電話で教えて頂けない会社ばかりでしたが、1社が出せて310万までですという風に仰っていたのを参考にして納得して決めました。
交渉をしていく中で最初の提示された金額は310万くらいだったと記憶しているのですが、そこから次の車を決定するという条件で金額を上げて頂いたかたちです。

実家の車を売却した時は、同日同時刻に複数買取業社を呼び、名刺の裏に各社の最高金額を記載して頂いてその中から一番買取金額が良い会社に売却をしておりました。
その時は軽自動車でしたので特に書類を用意する手間もなくすぐ引き取って頂けたので苦労した事は特にはなかったです。

結果的に満足の取引内容

良かったことは、事前に所有していた車の価値を把握して交渉に望めたので、通常よりかは良い金額で買い取って頂けた事に尽きます。
欲を言えば購入するタントについても上手く交渉出来たのかもしれなかったという点で、車両の装備等を確認させて頂いて、新車で買うよりはお得感もあるのかなと感じました。
この条件で決めてしまって納得はしているものの、交渉の余地はあったのかもしれません。

スポンサーリンク