ラクティス

ラクティスは2016年8月に販売終了しました。
ヴィッツクラスの小型車ですが、シートを倒すとタンスのような大きなものも意外と積めてしまうくらい、ヘッドクリアランスに余裕がありました。
ルーフを全てオープンに出来るパノラマルーフはとても気持ちがいいでしょうね!

小型車で実用性はばっちりなのですが、どこかゆったりとライフスタイルを楽しめるようにという考えもコンセプトに含まれているように思います。
200万円以下でこのレベルの車が買えるのはとても魅力的です。

スポンサードリンク

ラクティスの買取価格情報

ラクティス ~133.5万円

参考:カービュー ラクティス買取相場

走行距離1万キロ~5万キロの場合の相場表です。
リアルなデータなので参考にはなりますが、中古車なので、データだけではわからない要素が査定の結果に表れています。
実際に査定をしてみると全然違う結果になる事もありますので、参考程度に見てみてください。

ラクティスの買取相場の傾向

  • 2016年式 82万円~116万円
  • 2015年式 78万円~110万円
  • 2014年式 54万円~76万円
  • 2013年式 45万円~63万円
  • 2012年式 41万円~58万円
  • 2011年式 35万円~50万円
  • 2010年式 22万円~32万円
  • 2009年式 14万円~20万円
  • 2008年式 8万円~12万円
  • 2007年式 3万円~4万円
  • 2006年式 1万円~2万円
  • 2003年式 2万円~17万円

グレードはXの買取相場情報です。
グレードやコンディションによって変わりますが、相場の傾向は同じような感じになるので、参考になるとは思います。

2016年〜2015年はまだ新しいですし高いですが、2014年に相場が大きく下がっています。
2014年〜2011年までは穏やかな下落で、2010年にまた大きく下がります。
2010年からまた緩やかで、10年落ちくらいで数万円になってしまいました。

2010年はフルモデルチェンジがあった年です。
ラクティスも、新しいモデルには魅力が多いため、そういうタイミングでは買取相場が大きく動いています。

相場表を見ていると、やはり5年落ちというところに節目を感じます。
5年目だと新車価格の1/3くらいですが、6年目になると1/5くらいになっています。
売却を判断する時には、モデルチェンジと、5年落ちを意識しておくといいかもしれません。

ラクティスの下取り価格の傾向と対策

2010年のフルモデルチェンジで、初代からのセールスポイントの1つである車内空間の広さが、更に広くなりました。
その他、ラクティスはこのジャンルの車種としてはトップクラスのクオリティを持っています。
2005年から販売されてきましたが、2016年を最後に販売終了してしまいました。
今後はニューモデルによる価格の影響は少なくなりますが、古くなってくると状態が良い中古車の方に流れやすくなりますので、ある程度で売却を考えてもいいのかもしれません。

ラクティスは、3年落ちぐらいまでなら、新車価格の半額以上の下取り価格になる事もあります。
5年落ちでも、新車価格の約3分の1以上という買取相場をキープしている感じです。
ディーラーの下取りも、それに近い価格まではいけるはずです。

ただ、そういう新しい車の場合、ディーラーに限らず、どこに売ろうと高く売れます。
新しくてきれいな中古車は誰もが欲しがるものなので、高く売るのは容易だからです。
手間を省きたい方は下取りでいいと思いますが、高く売りたい方は中古車専門店にチャレンジしてみるといいでしょう。

年式が古い車や走行距離が多い車も同様です。
ディーラーにとって扱いにくいコンディションの車は、あまり高値を期待できません。

ラクティスは中古車専門業者にも人気

ラクティスは、ファミリーカーとしての人気がとても高く、中古車市場でも人気が高い車種です。
そのため、ラクティスを積極的に買取している中古車業者もたくさんいます。

ラクティスは、国内だけではなく、海外でも人気のある車種です。
中古車業者の中には、海外へ輸出しているところも多いため、高い方へ売却できる分こちらの買取価格も高くなります。
下取りとは全く違って、数多くの買取業者に査定してもらえますので、どんなコンディションの車でも競争して高値をつける業者が現れるところは魅力的です。

過去には「100万円以上でラクティスを売ることが出来た」という事例もあります。
今は販売終了して数年経過していますので、そこまでいかないかもしれませんが、高く売れる可能性はまだまだある車種です。