ダイハツの中古車市場はどう?

Daihatsuダイハツは軽自動車のシェア率トップのブランドです。
タント、ミラ、ムーブ、アトーレワゴン・・・こういった車種は中古車市場でとても人気があります。
省コストで、車内は広くて、1台あれば家族でも使えてしまう、便利な車が多いですよね。
男女に好かれるデザインや色が揃っているので、幅広く人気があります。
SUVのビーゴやブーン、ステーションワゴンのメビウス、セダンのアルティスなどの軽以外の車種も高いニーズがあります。

中古車市場の台数はGooネットを見ると、約46000台、日産やホンダと並ぶ台数です。
なかなか大きな市場を持っています。

ダイハツの下取りはどうなのか?

ディーラーは、新車販売がメインの事業なので、中古車の取扱いに積極的ではありません。
下取りに関しては、最初の提示が消極的な時があります。
他社に先に査定をしてもらって、その金額を伝えたら、下取り価格が20万円もアップした例があります。

それなら最初からそうして・・・っていいたくなる差ですよね・・・
ディーラーの下取りは、こういう消極的な価格が多いです。

ただ、ダイハツは中古車販売店を所有していて、積極的な一面もあります。

U-CATCHはダイハツ車の買取を行っています。
買取した車を店舗で直接販売するので、余計な中間コストがかからず、高く買取する事が出来るようです。
U-CATCH

こちらに直接依頼をした方が、ディーラーよりはいい結果になりそうに思います。
ただ、ディーラー系列なので、どんな車でも高くというわけにはいかないと思います。
とりあえず、いち買取店として利用してみるといいかもしれません。

ダイハツのディーラーで下取り価格を正確に知る方法

下取り価格と値引きは似たような使われ方をします。

車を買う時、買う方としては、本当は支払いの総額が重要なはずです。
でも、実際に見積もりを見た時に、「下取りが少なく値引きが多い」とお得なように感じます。
大体見るところは値引きが気になりますよね。
自分の車の正確な価値はわからないので、下取りが相場より低くても気が付きません。

ディーラーとしては、下取りを少し低くしても、値引きを大きくした見積もりを作る営業マンもいます。
お得感を感じさせる、ディーラーのテクニックの1つですね。

そのため、見積もりの下取り価格はあまりアテに出来ません。

本当の下取り価格を知るためには、「実際に下取りに出した場合と、下取りをしなかった場合の見積もり」を出してもらってください。
こうする事で、見積もり内の価格操作が出来なくなるので、正確な下取り価格がわかります。

ディーラーの下取り価格は安い場合が多いので、この価格に不満があれば、中古車業者の買取査定を依頼する選択もあります。

ダイハツ車を高く買取する中古車屋・中古車買取業者とは?

中古車の販売をする店舗を持つ業者、大手だとラビットとかアップルなどです。
他にも、軽自動車専門店やアルファロメオ専門店などもありますし、解体屋みたいなところもあります。
買取専門の業者もありますし、輸出を専門にしている業者もあります。
そういった、街中にある中古車屋が、車を売却するターゲットになります。

新車と中古車は流通経路が全く違います。
中古車の売買を専門にやっている業者はディーラーとは比較にならない販路やノウハウを持っていますし、力も入れて営業しています。
そのため、中古車業者はディーラーの下取り価格よりも高額で車を買取してくれる事がほとんどです。

それに、業者とのタイミングが合えば、もっと高く売れる事があります。
業者には在庫状況、決算状況、顧客のオーダー状況など、各社には買取を強化しているタイミングがあります。
そんな時に、業者が希望している車種だったら、積極的に高値で買取してくれます。

1社だけだと安売りしてしまう事が多いので、色々な業者に効率よく査定してもらうのがおすすめです。

※参考記事