軽自動車の買取に一番有利な時期はいつ?

業者の買取価格は、細かな車の条件も影響しますが、基本的には市場の相場によって決まります。
その車が中古車市場でどれだけ需要があるのか、市場にどれだけの量があるのか、マーケットによって大きく左右されます。
そしてその需要と供給は、時期によって変わってきます。

例えばスキーなどウィンタースポーツが盛んになる冬場はSUVや4WDの需要が高まりますし、営業車は決算前になると車を入れ替えたり、中古車市場には在庫が大きく動くタイミングがあります。
もちろん軽自動車にも、そんな需要が高まる時期があります。

軽自動車が最も取引が活発になる時期は1月末〜3月頭くらいです。
その時期は、業者も車の取引に積極的なので、購入するにも売却するにも、交渉がしやすい時期になります。

軽自動車の需要が最も高まる時期は4月前後の新生活シーズンです。
新しい生活を始める人が多く、それに伴い自動車を購入する人が非常に多くなります。
新大学生や専門学生、新社会人などは、まだ高額な車を購入する余裕は無いですよね?
そうなると、中古車で、何かと利便性の高い軽自動車を買おうという人が多くなります。

業者は、そんなお客さんに車をたくさん売るチャンスなので、中古車を早めに手に入れておかなければなりません。
そこで、需要が高まる新生活シーズンのちょっと前である、1月末〜3月半ばまで、買取に積極的な時期になります。

ボーナス期である6月7月、そして決算期の3月もしくは9月も買取に積極的な時期です。

軽自動車の買取 ベストな時期でない時はどうしたらいいのか?

女性1月、2月、3月、9月あたりはたしかに買取に有利です。
積極的な業者は多く、価格の比較がしやすいです。

でも、その時期でなければ高く売れないのかというと、そういうわけではありません。

もちろん、ベストな時期ではないので、どの業者も積極的というわけではないですが、そのかわり、車を売ろうと考えている人も少ないです。

業者にとって買取しにくい時期というのは、在庫の補充がしにくいので、いい車ばかりを選んでいられません。
売ってくれる人がいた場合、そのタイミングを逃さないように狙っている業者はいます。
業者のタイミングが合えば、ベストな時期と同等の価格で売却する事は可能なわけです。

それに、ベストな時期まで数ヶ月待つと、別のリスクが出てきます。

中古車の市場価値は時間が経てば経つほど下がります。
タイミングによっては、1〜2ヶ月でかなり下がってしまう事もあります。
モデルチェンジやメディアの影響があって、車の人気の移り変わりは激しいですからね・・・

そもそも軽自動車は多少時期の違いはあれど、通年で人気の高いジャンルです。
もう1月下旬にもなっているし、あと1,2週間待ってから査定に出そう・・・位ならアリですが、あえて1〜2ヶ月以上遅らせるメリットはありませんし、むしろ遅らせた事で査定額が低くなってしまうリスクがあります。

時期の事を考えるよりも大事なのは、現時点で最も高く買取ってくれる買取業者を探す事です。

積極的な業者が少なくなっている分、普通に探すといい業者はなかなか見つかりませんが、上手に見つける方法もあります。
興味ある方は、下記を参考にしてみるといいですよ。

↓軽自動車を最高値で売るテクニックと詳しい手順は↓
↓こちらのページにまとめてあります。↓

>どんな時期でも車を一番高く売る<
>究極の一括見積もりサービス活用法はこちら<