車の装備品は査定額アップに繋がる事も!

車の装備品は査定額アップに繋がる事も多いです。
査定にプラスになりやすい装備品は以下になります。

E2

エアロパーツ・アルミホイール

純正のエアロパーツやアルミホイールは特に査定にプラスになりやすいです。
もちろん非純正のパーツでも査定にプラスになる事も多いですが、好みが分かれやすい非純正パーツは査定にマイナスの影響を与える事もあります。

ナビ・オーディオ

純正だけではなく新しかったり機能性が高いものも査定にプラスになりやすいです。

その他

サンルーフ、エアバッグ、電動スライドドア、フロアマット、サンバイザー、シートカバー、スペアキー・・・
これらも査定にプラスの影響を与える事は多いです。

説明書や保証書があるなら必ず用意する

説明書や保証書がある事によって査定額がプラスになる事も多いです。
持っている場合は、査定を受ける際に必ず査定士に渡しましょう。

装備品がいくらの値が付くかは業者の査定基準による

良い装備品があっても、それに良い値を付けてくれる業者とそうでない業者があります。
その装備品を”見る目”も査定士によってレベルは違います。

装備品に関しては査定前にアピールする

装備品は査定にプラスとなる要素ですから、査定が始まる前にしっかりアピールしておきましょう。
一括査定を使う場合、申し込みの際に備考欄に装備品に関するアピールを記入しておくという事もオススメします。

何も伝えないとスルーされて査定額に反映されないなんていう事も起こり得ます。
「価値のある装備品があるけれど、この人は価値が分かってなさそうだし査定額にプラスしなくても良いな」なんて思われてしまう可能性が出てきてしまうのです。

マニアックな改造をしていても業者によっては高額査定

非純正で、一般受けしなそうなエアロやアルミを装備していると、査定額にマイナスの影響を及ぼす事が珍しくありません。
しかし世の中には、そういった車が欲しい!という方も居ます。
そしてそういった方達を集客できる専門性の高い業者は、マニアックな改造を施した中古車でも良い査定額を付けてくれる事があります。

E3

車両本体はもちろん、装備品に関する査定基準は業者により様々。
中古車を高く売るためには、一括査定を通して色々な業者から査定を受ける必要があります。

一括査定については、こちらで詳しく解説していますので、車を高く売りたい方は必ず目を通して下さい!
(参照:どんな時期でも車を一番高く売る! 一括見積もりサービスの究極活用法はこちら