下取りよりも買取業者の方が高く売れる?

自動車とオーナー昨今では、下取りよりも買取りの方が愛車を高く売れるという認識が広まり、下取りをしなくなった人も増えて来ました。

全国に買取業者の数は無数にあります。
さらに、それらを簡単に比較してどこが一番高く買ってくれるかを知ることが出来る、「一括査定サービス」が無料で利用出来るようになりました。
愛車をより高い値段で引き取ってくれるならそれに越した事はないのですから、買取り有利となるのも仕方がない事ですよね。
一括査定について、詳しくはこちらを参照してください。
(参照:どんな時期でも車を一番高く売る! 一括見積もりサービスの究極活用法はこちら

自動車メーカーがネット上で下取りの対応を

こんな状況の中、各メーカーのディーラーももう少し高額で下取りをするように努力していこうという流れが生まれ始めているのも事実。

トヨタは、「ここ」で調べる事が出来ます。

ここでは、下取りの参考価格をオンライン上で簡単に知る事が出来ます。
ただ実情としては、ここで表示される参考価格よりも実際は下取り価格が低くなる傾向にあるようです。
このサイトで調べた値段が高ければ、下取りを依頼しにディーラーの元に訪れる人も増えますからね。

日産では、「こちら」で下取り参考価格を調べることが出来ます。

トヨタでも、日産でも、他のメーカーの下取り参考価格を調べられるようにはなっていますね。
とはいえ、他メーカーが実際に高く下取りしてもらえるという事は、そこまで期待できないというのが現実です。

自動車メーカーが下取りにこだわる背景

自動車日本車は世界的にも高い評価を受けているというのは周知の通りです。
自動車が日本の主力産業の1つである事は間違いない事です。
とはいえ、昨今の不景気から来る車離れなどにより、各自動車メーカーも一昔前のように勢いがある訳ではありません。
数年前ニュースを賑わせた自動車工場の非正規雇用者の大量解雇問題などは、国産メーカーが非常に苦しい経営状況にあるという事を世間に知らしめる結果となってしまいました。

人々に支持される良い自動車を作ってたくさん売る。
これがこの苦しい状況を打破するベストな方法である事は間違いないのですがそう上手くいくものでもありません。
ですから、正規販売店であるディーラーに下取りに来るお客さんを増やして利益を出そうといった努力もしているようです。

現在は買取業者が押しえている傾向にありますが、今後は下取りも高値が付くのが当たり前となり、以前のように下取りを利用する人が多くなるという事が起きるかもしれません。